クラフトビールと盆栽の日記@高知

地ビール協会認定・ビアテイスター、ビア&スピリッツ協会認定・ビアアドバイザーのブログ。 飲んだビールのメモ帳&趣味の盆栽の観察日記です。 ※ビアスタイルガイドラインに沿った評価はしていません。

2009年07月

昨日からやってるらしいね。

興味はあれども、なんか行く気にはなれんが。

けど、誰が出るのかちょっと見てみた。


ポールウェラーが出てんじゃん。
神様、今年も乙です。

オルケスタデラルス?
数年前に解散しなかったっけ?
同名の別グループか?けどサルサらしいし本物っぽい。


みなみなさまごくろうさまんさたばさ。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

今日の晩酌は、常陸野ネストビールのホワイトエールを。

このビールは、副原料として、ハーブやオレンジピールを入れてるらしい。
けど、あんまりそんな味は感じなかった。

ホワイトエールって名前だから、ヒューガルデンホワイトみたいな味のべルジャンかと思ったけど、あれよりもスッキリ爽やかな味で、スパイシー感が少ない(けど普通のビールよりかはスパイシーな様に思う)。

まあ、まとめると、暑い夏にぴったりなビールかもね。

このビールは、色んな賞を受賞してるビールらしいよ。
スゴイね。


↓ポチッとお願いします。
にほんブログ村 酒ブログ ビール・発泡酒へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


まーもるっもー

せーめるっもー

くーろがーねのー


…。
第2世代イージス護衛艦「あしがら」を見てきたよ。
「あしがら」は第2世代イージス艦「あたご」型の2番艦で、第1世代イージス艦「こんごう」型の次世代を担う船なんだ。母港は佐世保とのこと。だから自衛隊員の言葉が九州っぽかったんだね。



今日(7月18日)来てたのは、右側の「あしがら」と、左側の「くらま」。
ちなみに「くらま」は、しらね型ヘリコプター護衛艦の2番艦で、テロ対策のためにインド洋に派遣された船。今回は「あしがら」をメインに φ(..)

これ ↓ は「くらま」の艦橋から「あしがら」の艦首側を
写真中央の左上にある 白いドラム缶みたいなのは、通称「ファランクス砲」という 20ミリ6連装のガトリング砲。正式名称を、艦艇用近接防御火器システム(CIWS)Mk.15と言い、対艦ミサイルからの防御を主目的とする。映画「沈黙の戦艦」で、戦艦ミズーリがファランクス砲でF18戦闘機を迎撃するシーンがあるんで、よかったら参考に見てみて。

これ ↓ は艦尾側を
煙突が2基あるのがわかる。
右側にある丸い2つの物体は、たしか、救命胴衣 or 救命筏 が入ってたはず。

艦首から艦橋を
手前にあるのは、Mk45Mod4・62口径5インチ単装砲。砲を覆うシールドが「こんごう」型のそれと比べて小型になり、形状もステルス化されてるように思う。
艦橋の左右にはスパイレーダーが、そして艦橋と砲塔の間にはミサイル垂直発射システムが、あるのがわかる(詳細は後述)。

これが、Mk41・ミサイル垂直発射システム。
この前甲板には64セル(セル=発射口のこと)あり、後甲板には32セル設置されている。ちなみに、こんごう型は前甲板に32セル、後甲板に64セルあり、あたご型と逆になっている。その理由は後述。

これ ↓ は、こんごうがミサイルを発射した瞬間の写真。
こんな感じで、Mk41からミサイルが発射される。

これ ↓ は、艦橋側面に貼り付けられた AN/SPY-1フェイズド・アレイ・レーダー。
艦橋の斜め4方に各1基ずつ、計4基設置されている。これはイージスシステムの中心であり、その主たるセンサーである。最大探知距離は500キロメートルで、一度に200以上の目標を追尾できるとのこと。
ちなみに、下の方にある4つの円柱の物体は、チャフという防御兵器。
チャフは、敵からレーダー誘導ミサイルで攻撃を受けた際に、アルミ箔等を散布する。そうすると、アルミ箔等が、敵ミサイルが照射するレーダーを乱反射して、こちらの位置を撹乱し、ミサイルの軌道を逸らす、というもの。

艦橋から艦尾へ向かってると、こんなところに出る。
ここはちょうど船の真中あたりで、写真の中央右横に見える円柱の物体は、対艦ミサイル。
正式名称を、SSM-1B(90式艦対艦誘導弾)と言い、射程は150~200キロメートルだそうだ。こんごう型の対艦ミサイルはハープーン4基×2だけど、あたご型のそれは90式3基×2になってる。
対艦ミサイルポッドの奥には煙突が、さらに奥には1本のマストが見える。

さっきの場所を艦尾に向かって進むと、ヘリ格納庫と、ヘリ発着艦用の飛行甲板に出る。前世代のこんごう型には無かった新装備(飛行甲板はあったが格納庫がなかった)だ。
この他に、こんごう型との相違点として、後甲板用Mk41の数と位置がある。こんごう型では、後甲板上に64セルのMk41があるけど、あたご型はヘリの運用の問題から、格納庫横上に32セル搭載されてる。

比較の為に、こんごう型の艦尾をば。
こんごう型には、ヘリ格納庫が無いのがわかる。それに、辛うじてMk41のセルが見えるのがわかりますか?
視点をマストに移すと、こんごう型では4本の支柱で構成されてるけど、あたご型では一体化され1本になってるのがわかる。あと、あたご型では、艦橋構造物と船体とが一体化されてるのもわかる。これらの措置は、ステルス性を高めるに実施されたらしい。(↓ http://www.vspg.net/jmsdf/ddg174/ddg174-12.jpg)

なんか、須崎か宿毛かどっかを米軍の寄港地にしようって話があったけど、ここにすりゃいいじゃん。
新港って高い金注ぎ込んだにも拘らず、ほとんど使われてないよね?だったら米軍に使ってもらって、少しでも金落として貰ったらいいんじゃない?
イヤイヤ、基地化はないっすよ。だって津波来たら一発でアウトでしょ。だから大規模な施設は造らないと思うのね。だいたいすぐ近くには呉やら佐世保やらあるんだから。
え?艦船が高知に来たことないから、どうやって対応したらいいかわからないって?何をおっしゃる。昔は宿毛に連合艦隊が停泊してたこともあって、将兵の休養地になってたこともあるんすよ?それに食糧や燃料補給する位の寄港地だったら、そんなに滞在しないから、犯罪も多くは起こらないだろうしさ。
それに土佐沖は、あの戦艦・大和が公試航海するほど訓練に適した海。これは米軍だけじゃなく、海自にもここで訓練してもらって、訓練帰りに寄港してもらって、街でお金を落としてもらおう。なんてね。



↓ 船好きはポチッと。
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 高知情報へ
にほんブログ村


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

わーい!わーい!
ナッシュブリッジスがAXNで再放送されてるぞお!けど、見たかった1stシーズン、もう終わってるっぽい…。
(↓http://axn.co.jp/nashbridges/index.html)



わーい!わーい!
タケオキクチから、スタカンTシャツ(ってゆうかwellerシャツじゃないコレ?)が出るんだって。けど、もう売り切れっぽい…。全くもー。
(↓http://directstyle.world.co.jp/sp/mens/elegance/20090612_070/index.html?inbnid=bt070_a_mens_elegance_20090612_070)

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

昨日、友達がですね、
お誕生日会ってやつを開いてくれたんですが、いわゆる、



GO コンッ



ってやつでした。
29歳になったお祝いに、みんなでマア飲もうじゃないかーってコトで。
どんな理由やねん…。




あれっ
そういえばワタクシ、来年30チャイじゃないっすか
むー。じゃあ、来年のこの日は、まつらい先輩みたいに、


三十路祭をやります



そん時にはこの三十路Tシャツをきますわ。
いえす!まつきす!!

ところで、17歳教って男でも入れるんやろか…。
それともチーム30に入ろうかしらん。



このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


キリンとサントリーが統合するらしいっすね。
つうわけで、今日の晩酌はサントリーのプレミアムモルツで。

まさかこの2社が統合するとは思わなんだわ。
だって、多分キリンって1社でシェア半分くらい持ってるでしょ?
そんなとこがどっかとくっついたら、独禁法に引っかかっちゃうかもしんないじゃない?
だからキリンは、統合や合併しないだろうな~って思いこんでたのよね。んで、業界で統合とか起こるとしたら、サッポロとアサヒ or サッポロとサントリー or サントリーとアサヒ、だと思ってた。

けど、統合するんだね。
なんか、海外攻めるために統合するらしいね。
なんでも、海外メーカーの方が規模は大きい(のか?)らしいから、それに対抗するためにはこっちも大きくしなきゃって事で、統合するそうだよ。

そう言えば、キリンって、ラガーに代表される様に、4社の中では比較的コクと苦みが強いビール造ってるよね。
んで、サントリーは、モルツに代表される様に、比較的あまい味のビール造ってるよね。
味のポートフォリオ的には、統合は正解なのかもね。

あと、両者が統合するとなると、気になるのはアサヒとサッポロ。
いっそのこと、キリン・サントリー陣営に対抗して、アサヒとサッポロ、再合併しちゃう?
大日本麦酒の復活やー!



↓ ポチッとお願いします。
にほんブログ村 酒ブログ ビール・発泡酒へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


キリンとサントリーが統合するらしいっすね。
つうわけで、今日の晩酌はサントリーのプレミアムモルツで。

まさかこの2社が統合するとは思わなんだわ。
だって、多分キリンって1社でシェア半分くらい持ってるでしょ?
そんなとこがどっかとくっついたら、独禁法に引っかかっちゃうかもしんないじゃない?
だからキリンは、統合や合併しないだろうな~って思いこんでたのよね。んで、業界で統合とか起こるとしたら、サッポロとアサヒ or サッポロとサントリー or サントリーとアサヒ、だと思ってた。

けど、統合するんだね。
なんか、海外攻めるために統合するらしいね。
なんでも、海外メーカーの方が規模は大きい(のか?)らしいから、それに対抗するためにはこっちも大きくしなきゃって事で、統合するそうだよ。

そう言えば、キリンって、ラガーに代表される様に、4社の中では比較的コクと苦みが強いビール造ってるよね。
んで、サントリーは、モルツに代表される様に、比較的あまい味のビール造ってるよね。
味のポートフォリオ的には、統合は正解なのかもね。

あと、両者が統合するとなると、気になるのはアサヒとサッポロ。
いっそのこと、キリン・サントリー陣営に対抗して、アサヒとサッポロ、再合併しちゃう?
大日本麦酒の復活やー!



↓ ポチッとお願いします。
にほんブログ村 酒ブログ ビール・発泡酒へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

今日の晩酌は、ベアレンのシュバルツを。

すっきりした味で、ほどよい香ばしさと甘さがしました。
ケストリッツァーもすっきりした味なんだけど、それよりも少しだけすっきりしてるような感じ?
ソーセージとかチキンを軽く塩ゆでしたものと合うと思う。

今回は焼いたソーセージと一緒に。
弱火でちょっとずつ、フライパンの上でコロコロ転がして焼きました。

コロコロ転がして焼いてる時に思い出したんだけど、小学生の時にね、ドイツ軍の歩兵が休憩してる様子を再現したジオラマを見たことあるんですよ。プラモ通信的な雑誌に載ってたんだけどね。
でね、その中にね、歩兵がフライパンでソーセージをコロコロ転がして焼いてるシーンってのがあって、それを思い出しちゃった。


え?
「だからどうしたの」だって?


いや、べつに…。
ただ一人で、歩兵になったつもりでソーセージ焼いてましたが何か?


↓ そんな経験ある人はポチッと。



このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


昨日TV見て知ったんだけど、小田原城にある樹齢300年?の松の木が、強風にあおられて倒れたらしいね。それで思い出したんだ。

「あ、箱根ビールのネタ書いてない」って。

松の木と関係なくてゴメンナサイ。
せっかくなんで、小田原城に行った時の様子と一緒にご報告いたしやす。




行った日は確かGW。
お目当ての「箱根ビール」は、神奈川県の小田原市にあるんだけど、小田原といえば小田原城じゃないですか?なもんで、箱根ビールを飲みに行く前に、小田原城を見物することにしたんすよ。

で、これが ↓ 小田原城の天守閣。
天守は廃城令によって明治時代に取り壊されたけど、1960年に復元されたそうな。
復元されたとは言うものの、この天守の最上階にある高欄は、小田原市が要望して取り付けられたものだそうで、当時の天守には付いてなかったらしい。史実に忠実につくった天守の方がイイって人もいるだろうけど、まあ、高欄があったほうが楽しいよね。


こっから天守へ登る。
ちなみに、ロンブーの敦(あつしの漢字って←だったっけ?)が一番好きな城だそうです(ちなみに彼は城マニアだそうです)。

これは常盤木門。
本丸の正面にあって、小田原城の城門の中でも、最も大きく堅固に造られていたそうな。

これは銅門。
二の丸の表門とのこと。銅門の名前は、大扉などに使われた飾り金具に、銅が用いられたことに由来するらしい。

これは銅門を囲む郭。
江戸時代には、このめがね橋から城内に入り、銅門を通って、二の丸御屋形や本丸・天守閣へと進んでたそうだ。
そうそう、あの倒れた松の木なんだけど、どうもこの近くにあったみたい。
ヤフーニュース(http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090710-00000017-kana-l14)には、松が倒れて「銅(あかがね)門の土塀に塗られた漆喰(しっくい)の一部も剥落(はくらく)した」って書いてるから、たぶんこの近くだと思う。



で、これが ↓ 本題の「箱根ビール」
けっこう前に行ったんで、どれがどのタイプか忘れちった。味も…。
けど、美味かったのは確かね!
タイプはたぶん見た感じだと、ピルスナーとアンバーエールとエールとへレス?かな?
まあ、ピルスナーとエールは常時造ってたはずなんで間違いない。行って確かめてみてね。

ここは、小田原駅から1駅くらい隣にある、風祭って街にあった。
かまぼこが有名らしくて、近くにはかまぼこ博物館とか、かまぼこ造りを体験できる施設とかもあったよ。
あとね、タクの運ちゃんが言ってたんだけど、店の前は箱根駅伝の折り返し地点らしい。駅伝見ながら地ビール飲むのもありかもね。


↓ ポチッとお願いします。
にほんブログ村 酒ブログ ビール・発泡酒へ
にほんブログ村


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ