クラフトビールと盆栽の日記@高知

地ビール協会認定・ビアテイスター、ビア&スピリッツ協会認定・ビアアドバイザーのブログ。 飲んだビールのメモ帳&趣味の盆栽の観察日記です。 ※ビアスタイルガイドラインに沿った評価はしていません。

2012年07月

尾道に大物が来るという連絡を受けた。

しかもその大物、過去に大阪に来た際には、府民の心を鷲掴みにしたというツワモノらしい。

ふむ、そんなに大物なら一目拝んでやりますか。そのついでにしまなみ縦走でもしましょうかねって事で、行って来ましたしまなみへ。

6a121d7c.jpg


いやあ、暑かったね。

8時ちょい過ぎにサンライズ糸山から出発したんだけど、そこから大三島まではそんなに日が出てなかったから楽だった。けど、その後がもう暑い暑い。直射日光による暑さに加え、道路のアスファルトからくる地熱がもうね、すごくね、暑いのよ。



昼前に尾道着。

この日(7/28)は花火大会があるみたいで、駅前広場は場所取りのブルーシートだらけだった。

そんな所で、噂の大物を発見!あ、あれは!

2689fed1.jpg


アヒル隊長、立派になって…って、そっちの大物かい!

86019b0c.jpg


一生懸命、子供たちに愛想を振りまいてます。

c5896910.jpg


そ、そんなつぶらな目で見つめられると、照れてしまうではないか。

さすが大阪府民の心を鷲掴みにしたツワモノ。

58a8f751.jpg


この後、4時過ぎにサンライズ糸山に到着。

帰りは前回と同じくずっと向い風で、日が暮れるまでに帰れないんじゃないかと心配になった。

ふと思ったが、しまなみって今治→尾道は追い風、尾道→今治は向い風がデフォなのか?














このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

せっかく東京さ来だんで、エビスビール記念館さ行っでぎまずた。



52344f6d.jpg


エエことありますようにm(_ _)m



試飲コーナー。

エビスの飲み比べとか出来る。昔行った時にはアルトや色々なスタイルのビールを飲み比べる事が出来た。

1d3e4f43.jpg


日本のビール王・馬越恭平の銅像。

大日本麦酒(現・アサヒビールと現・サッポロビール)の社長を務め、銀座に日本初のビアホール(現・銀座ライオン)を開いた人物だ。

dc231105.jpg


資料展示コーナーに飾られてる瓶。

昔に比べて資料コーナーの規模・内容が縮小されている。頑張れサッポロビール!


















このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

東京の阿佐ヶ谷にある、阿佐谷麦酒道場に行ってきました。



ここは2012年7月14日に開業したばかりの醸造所で、高円寺麦酒工房の関係者?の方達がやっているみたい。造っているビールは今のところ1種類のみで、このときはジュライ2号というビールが造られていた。



屋上がオープンテラス席になっており、夜は夜風にあたって涼みながらビールを飲めるみたい。料理はビュッフェ形式だったかな?

42f8a392.jpg


これがジュライ2号。

飲んでみると、ワサビを思わせるホップの刺激がして苦みというか渋みが強い様に思った。けど嫌な感じはまったくせず、後口はスッキリしている。ほんの少しハイアルコールかもと思ったが、それもそのはず、高円寺麦酒工房のストロングエールのレシピを改良して造ったらしい。



貯蔵タンクか?2個しかないなら、そんなに出せないね。そのためか営業も土日祝しかやっていないとのこと。はやく軌道に乗って色んなビールを常時出せるようになったら良いね。

561f3028.jpg











このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

東京の高円寺にある、高円寺麦酒工房に行ってきました。





ここは2010年12月に開業した醸造所で、民家の1階に店舗と醸造所を造ったみたい。

雰囲気はカフェみたいで、客層もワシみたいな怪しいヤツではなく、若いネエさん達が多かった。

8b2c849a.jpg


左からサマーウィート、クリームエール、ブロンド。

サマーウィートはこれでもかってくらい柑橘系のアロマと甘さ、そしてほんのりした酸味があるが、ウィートにしたおかげでか柑橘系特有の刺激をまろやかに中和させた味に仕上がってる。クリームエールはほんのりまったりしていて飲みやすく、ブロンドも美味かった。

7dd6c5a6.jpg



















このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

神奈川県川崎市多摩区にある、クラフトビア・ムーンライトに行ってきました。



ここは2009年5月に開業した醸造所で、造っているビールはメニュー上では18種類、この他に限定品も造っているみたい。ビールはこの建物の奥で造っており、店舗部分では飲食のほかに、持ち帰り用にペットボトルにサーブして販売するというサービスも行っているそうだ。

020419d1.jpg


津久井道。

うっすらと爽やかなアロマと苦みがしたのでライトエールかなと思ったがピルスナーとのこと。

ラガー系はこの他に、ペールラガーの多摩の泉、ラガーの多摩の流れ(川崎市認定名産品)があったが、どちらもこの日は品切れだった。残念。



限定醸造品のクコの実エール。

副原料にクコの実を使って醸造したエールのようだ。濃いめに入れた紅茶の様なフレーバーがあり、クコの実だろう独特の味がする。甘さがあったような気がしたが甘ったるくなく、ほんの少しサッパリしていたように思う。



この地は藤子F不二雄ミュージアムがあったり、隣りの区はサンレッドやフロシャイムの方々がいる高津区。せっかくなので巡礼したかったが時間が無かった。いつか巡礼した後に、多摩の泉と多摩の流れを飲みに行こう。
















このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

東京の立川市にある、ビアファクトリー・カミカゼに行ってきました。



ここは昔、西国立ビールというブランド名でビールを造っていた醸造所で、今はカミカゼビールというブランド名でビールを造っているらしい。造っているビールのスタイルはクリームエールとアンバーエールで、どちらもアメリカから酵母とモルトを輸入し、アメリカンテイストにこだわったビール造りをしているそうだ。どんな味なんでしょうか。期待に胸を膨らませながら、電車を乗り継ぎ立川に向かいました。

4e407c63.jpg




がっ!

貸し切りになってるみたいで入店できず。

翌日も行ってみたが、その日も予約が入っており入店できなかった。

fa65d994.jpg


いつか飲んでみたいな。



※2013年に再度訪問。成功しました!!→「カミカゼビール
















このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

36か所目の地ビール探訪、今回は岡山県の倉敷市真備町にある真備竹林麦酒醸造所に行ってきました。



この地は吉備真備の生誕地らしく、駅の名前も吉備真備駅で、駅の南側には吉備真備の銅像がありました。そして駅を数百メートル北上して左折すると、目的の真備竹林麦酒醸造所がありました。この醸造所は2011年6月に醸造開始し、翌月に販売開始したばかりの新鋭地ビールメーカーで、運営しているのは「岡山マインドこころ」というNPO法人。

4712f17e.jpg


同法人は、心の病を抱えた当事者とその家族達で活動しており、地ビールの醸造、配達、店舗での接客など全てを当事者たちが行うことによって、偏見の除去、就労場所の確保、社会進出の促進をしているとのこと。また、本当の意味での自立を達成するため、障がい者自立支援の補助金などを一切もらわず運営しているそうだ。凄いね。

d6558c69.jpg


造っているビールは、フルーティー、ビター、オリジナルの3種類。限定?でバーレーワインもあった。

これ↓はフル―ティー。ペールエールか?まろやかな口当たりで後口はスッキリしてる。



ビター。イングリッシュビターのような香ばしい味がする。



オリジナル。シュバルツ?














このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

に、行ってきました。

12時前に大阪に到着。会場は京セラドームで開場は14時からなんですが、特に行きたい所も無かったのでスマホでネトラジでも聞きながら順番待ちしてようとそのまま京セラドームに移動しました。が…、地下鉄の電車を降りて改札に向かう途中で異変に気付きます。ん、なんか、女子率高くね?
改札を出て地上に出ると、ドームに向かう道が女だらけ。ほら、やっぱ女子率高い…って、高すぎやろっ!! 見渡すかぎり女、オンナ、おんな。そんなかにオッサンひとり。ああ、白い目線が気持ちイイ痛い。戸惑いながら移動してると、セーラー服を改造したような格好の集団がいっぱいいるし、もしかしてモモクロのライブでもあるんかいな?それにしては小奇麗な姉さんや叔母様もいらっしゃるし違うかな~と思いつつ、白い目線を送る女どもに囲まれながら移動してると、なんかの物販ブースが目の前に。ふ~ん、嵐か。

あっ、嵐のライブかっ!!

そりゃ女だらけになりますわ。そんなとこにオッサンひとり混じってたら、別に悪いことしてないのに白い目で見られて納得(いや単にワシがキモかっただけか)。そして会場入り口に到着するも、入り口にも嵐ファンが居座ってて邪魔な事山の如し。小心者のワシは当然言えるはずも無く、そいつらの横で2時間近く炎天下のなか白い目線攻撃に耐えていた。あまりの暑さと恥ずかしさに、持ってたハンドタオルで仰いでたけど効果薄。目の前にある嵐の物販ブースでうちわ買ったろうかと思ったけど、もしうちわに大野君やら二宮君の顔がプリントされてたら、あんた、正真正銘キモい人になるから我慢してた。


1時を過ぎたあたりから、ちらほらとオッサンの姿を見かけるようになった。
おぉ、友軍の救援だ。あんなにオッサンを頼もしく思った日はない。ぜひともオッサン臭で女どもを蹴散らしてほしいと心から願った。が…、オッサンたち…、入り口に女が居座ってるのを見ると、どこへともなく消えていくではないか!オッサン弱し。いや、女が強いだけか。


乾杯!


老若男女・国籍問わず、ビールを愛する色んな人が大勢来ていました。


ブリマーブルーイングのペールエール。
2011年に神奈川に創設された地ビールメーカーとのこと。
苦みが主張してくるが、ペールエールによくある典型的な柑橘系のアロマのおかげもあってかマイルドな味に仕上がってる。たまに少しスモーキーな味がしたような気がしたが、これの前にアンカーのブレックルズブラウンというアメリカンブラウンエールを飲んでて、グラスを洗わずにこれを飲んだせいかも。


あくらビールのキウイIPA。
普通のIPAとは少し違うフルーティさがあった。恐らくあれがキウイ効果なんだと思う。苦みもキウイのお陰でか少し違ってたように思った。飲む前はキウイだから酸味が強いかもと思ったが、全体が上手くまとまっているためそんな事は無く、非常に飲みやすかった。


サンクトガーレンのスイートバニラスタウト。
スタウトのほろ苦さとまったりした口当たりに、バニラの甘い香りが上手くマッチしてる。スタウト自体も少し甘めの様で、そのおかげでかホントにバニラと上手くマッチしてた。カカオパウダーをたっぷり振りかけた高級バニラアイスを食べた感じ。


この他にも、牛込シャトービールの桜満開ラガーや、霧島ビールの日向夏や、城山ブルワリーのペールエールが美味かった。あと今年はブルーマスターのカボスエールが無かったのが残念。那須高原ビールのナインテイルドフォックス02が完売してて飲めなかったのも残念。来年は飲みたいな。







このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

に、行ってきました。



12時前に大阪に到着。会場は京セラドームで開場は14時からなんですが、特に行きたい所も無かったのでスマホでネトラジでも聞きながら順番待ちしてようとそのまま京セラドームに移動しました。が…、地下鉄の電車を降りて改札に向かう途中で異変に気付きます。ん、なんか、女子率高くね?

改札を出て地上に出ると、ドームに向かう道が女だらけ。ほら、やっぱ女子率高い…って、高すぎやろっ!! 見渡すかぎり女、オンナ、おんな。そんなかにオッサンひとり。ああ、白い目線が気持ちイイ痛い。戸惑いながら移動してると、セーラー服を改造したような格好の集団がいっぱいいるし、もしかしてモモクロのライブでもあるんかいな?それにしては小奇麗な姉さんや叔母様もいらっしゃるし違うかな~と思いつつ、白い目線を送る女どもに囲まれながら移動してると、なんかの物販ブースが目の前に。ふ~ん、嵐か。



あっ、嵐のライブかっ!!



そりゃ女だらけになりますわ。そんなとこにオッサンひとり混じってたら、別に悪いことしてないのに白い目で見られて納得(いや単にワシがキモかっただけか)。そして会場入り口に到着するも、入り口にも嵐ファンが居座ってて邪魔な事山の如し。小心者のワシは当然言えるはずも無く、そいつらの横で2時間近く炎天下のなか白い目線攻撃に耐えていた。あまりの暑さと恥ずかしさに、持ってたハンドタオルで仰いでたけど効果薄。目の前にある嵐の物販ブースでうちわ買ったろうかと思ったけど、もしうちわに大野君やら二宮君の顔がプリントされてたら、あんた、正真正銘キモい人になるから我慢してた。





1時を過ぎたあたりから、ちらほらとオッサンの姿を見かけるようになった。

おぉ、友軍の救援だ。あんなにオッサンを頼もしく思った日はない。ぜひともオッサン臭で女どもを蹴散らしてほしいと心から願った。が…、オッサンたち…、入り口に女が居座ってるのを見ると、どこへともなく消えていくではないか!オッサン弱し。いや、女が強いだけか。

e5e4c258.jpg




乾杯!

c3f94bba.jpg




老若男女・国籍問わず、ビールを愛する色んな人が大勢来ていました。

58d48626.jpg




ブリマーブルーイングのペールエール。

2011年に神奈川に創設された地ビールメーカーとのこと。

苦みが主張してくるが、ペールエールによくある典型的な柑橘系のアロマのおかげもあってかマイルドな味に仕上がってる。たまに少しスモーキーな味がしたような気がしたが、これの前にアンカーのブレックルズブラウンというアメリカンブラウンエールを飲んでて、グラスを洗わずにこれを飲んだせいかも。

1028d6b5.jpg




あくらビールのキウイIPA。

普通のIPAとは少し違うフルーティさがあった。恐らくあれがキウイ効果なんだと思う。苦みもキウイのお陰でか少し違ってたように思った。飲む前はキウイだから酸味が強いかもと思ったが、全体が上手くまとまっているためそんな事は無く、非常に飲みやすかった。

97f4ab64.jpg




サンクトガーレンのスイートバニラスタウト。

スタウトのほろ苦さとまったりした口当たりに、バニラの甘い香りが上手くマッチしてる。スタウト自体も少し甘めの様で、そのおかげでかホントにバニラと上手くマッチしてた。カカオパウダーをたっぷり振りかけた高級バニラアイスを食べた感じ。

236765f6.jpg




この他にも、牛込シャトービールの桜満開ラガーや、霧島ビールの日向夏や、城山ブルワリーのペールエールが美味かった。あと今年はブルーマスターのカボスエールが無かったのが残念。那須高原ビールのナインテイルドフォックス02が完売してて飲めなかったのも残念。来年は飲みたいな。
















このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ