クラフトビールと盆栽の日記@高知

地ビール協会認定・ビアテイスター、ビア&スピリッツ協会認定・ビアアドバイザーのブログ。 飲んだビールのメモ帳&趣味の盆栽の観察日記です。 ※ビアスタイルガイドラインに沿った評価はしていません。

2016年04月

アサヒビールの2016株主様限定プレミアムビール。



色は綺麗な黄金色でSRM値は5くらい。透明度は高く、泡立ち泡持ちはふつう。グラスに注ぐと、モルティな甘い香りがするが、それを覆い包むようにあるホップの瑞々しいグラッシーな香りも感じる。口に含むと一瞬の内にほどよく、苦みとカーボネーションによるキレ感、その裏でモルティな甘さを感じるが、その直後に口内がスッとしてクリアな苦みが全面に現れてくる。その後、ホップの瑞々しさと苦みが後口にほどよく残る。

aff6ed14.jpg


今年の優待ビールは「ドイツ・バイエルン州ハラタウ地方の認証ホップを100%使用した、雑味の無い清澄ま苦みと心地よい飲み口を実現した」とのこと。

3b2b53b0.jpg


32dfda73.jpg





















このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

オキシデンタル・ブリューイングのアルトビア。



この醸造所は2011年にダン・イングラーとベン・イングラーがオレゴン州ポートランドに創業した。2人は叔父と甥という親戚関係で、叔父であるダンは何と17歳の時から自家醸造していたという生粋のビール好き。造るビールはヴァイツェン、メルツェン、ケルシュなどドイツビールばかりで、これはダンの好みによるという。醸造所には、ダンが趣味で集めている古いビールの缶や栓が飾られているそうで、それだけでも一見の価値があるらしい。



さて、今回飲んだのはアルトビア。

色は銅色でSRM値は11前後かな。透明度は高く、泡立ち泡持ちもよい。口に含むと、しっかりとした苦みをメインにその裏で酸味を感じる。そして全体を目立たないようにモルトの甘みがおおっている。微かに鼻孔に焙煎香がぬける。

0b3f50bd.jpg



















このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ブリュードッグのセッションIPL。



この醸造所は、まだ20代のジェームズ・ワットが2007年4月に創業した。場所はスコットランド北東部のフレザーバラにあり、スコットランド産のモルトを使用して品質のみを重視したビールを少量生産している。創業理由がカッコよく、保守的なビールが増えてきたスコットランドのビール業界を危惧し、自ら至高のビールを造るべくして立ち上げたとのこと。ワシもそんなことやってみたいがな。。。



さて、今回飲んだのはセッションIPL。

色は薄めの黄金色でSRM値は4くらい。透明度はあるが少し低く、泡立ち泡持ちは良い。グラスに注ぐと、柑橘系の白皮やグレープフルーツのような香りがパアッと広がる。口に含むと、鼻孔にグレープフルーツや白ブドウを薄めたようなアロマがぬけ、口内で程よく軽いカーボネーションを感じ爽快感を得る。苦みは感じるが弱い。全体的にボディは弱いがホップのアロマがしっかりしているため飲み応えは悪くない。夏にぴったりな一品。

4cb932ec.jpg























このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ミッケラーのシトラスドリーム。



今回はベルギーの醸造所でつくったみたい。色は少しくすんだ黄金色でSRM値は5くらい。透明度は低めで泡立ち泡持ちはふつう。グラスに注ぐとオレンジの香りが広がる。口に含むと、鼻腔にオレンジの香りと柑橘系の白皮のような香りがぬけ、ほど良い苦みを程よいカーボネーションとともに感じる。シンプルにシトラシーな風味を楽しめる一品。

73928b92.jpg























このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

昨日4月23日は、ビール純粋令が発布されて500年目という節目の日でしたね。



この日はドイツビールで盛大にお祝いしようと思ってたんですが、なんか最近は国産大手のふつーのビールばかり飲んでるもんで、ふつーに国産大手のビールを飲んでましたorz



温泉上がりに飲む国産大手のビール、美味いっすね。

さすが日本人に合うようにつくられてるだけあるわ。

1cc1d5c7.jpg



















このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

長浜浪漫ビールのIPAスペシャル。



色は濃い目の黄金色でSRM値は5~6の間くらい。透明度は高く泡立ち泡持ちは良い。口に含むと、かなりしっかりとした苦みとコクを感じ、その裏で柑橘系のフレーバーを感じる。IBU値はそこそこ高いと思う。フレーバーはグレープフルーツをメインにパインやレモン、渋柿を思わせるものだ。モルトの甘味もしっかりとあるが苦みが主張しているためあまり目立たない。グリーンフラッシュのウェストコーストIPAやストーンのWIPAが好きな人は気に入ると思う。

ea484f45.jpg

























このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

独歩ビールのアニバーサリー。



独歩ビール10周年記念の限定品。

色は黄色から黄金色の間でSRM値は4前後くらい。透明度は高く泡立ち泡持ちはふつう。グラスに注ぐと、桃のようなフルーティーで、かつフルーラルな香りをうっすらと感じる。口に含むと、ほど良いモルティー感と桃の甘味を思わせる風味を感じる。酵母が桃の甘味に似た風味を出してるのかも。苦みはあるがあまり感じず、後口には白ブドウのようなフルーティー感と爽快感が残る。苦みは爽快感を残すために程よく存在している感じか。

49efcb35.jpg





















このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

城端麦酒の、はかまエール。



IPAとのこと。色は銅色でSRM値は7~8くらい。透明度は気持ち低めかも。グラスに注ぐと、薄めたキャラメルや紅茶葉のような香りを感じる。口に含むと、ほどよいコクとモルトの甘味を感じ、その裏から苦みがじゅわっと現れてくる。かるく紅茶葉を思わせる香りが鼻孔をぬけた気がする。鼻孔をぬける甘ったるい香りが強い為、口内で感じる強い苦みが良いアクセントになってる。

192ca1ab.jpg

















このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ノースアイランドビールのカミフ100ペールエール。



上富良野産ホップ100%でつくった限定醸造品。

カスケードっぽい感じ。うまい。苦みを楽しめる。後口に苦みが長く残る。

4e02d0d0.jpg















このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ブルーエイジのホッフェン・アウフラウフ。



この醸造所は2014年にヨハネス・クグラーとその仲間たちがオーストリアのウィーンに創業した。社名は恐竜の時代から人類の時代へと変わっていく過程をイメージしているとのこと。造るブールはペールエールからバーレーワインまで様々あり、特にバーレーワインのヌスクナッカーは2015年のヨーロピアン・ビア・スター賞で銅賞をとっておりその品質の高さが証明されている。



さて、今回飲んだのはペールエールのホッフェン・アウフラウフ。

色は橙色でSRM値は7前後かな。透明度は低く泡立ち泡持ちはふつう。グラスに注ぐとパイン、オレンジ、レモンを思わせる甘い爽やかなシトラシーな香りが漂う。口に含むと、苦みの少ないレモンやグレープフルーツのような風味を感じる。甘みは弱く苦みも強くないが、甘い風味が弱い分相対的に苦みが目立っているかも。鼻腔にモルトの甘い香りとホップのシトラシーな香りがうっすらとぬける。

f43985db.jpg





















このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ