クラフトビールと盆栽の日記@高知

地ビール協会認定・ビアテイスター、ビア&スピリッツ協会認定・ビアアドバイザーのブログ。 飲んだビールのメモ帳&趣味の盆栽の観察日記です。 ※ビアスタイルガイドラインに沿った評価はしていません。

2016年08月

毎度おなじみ、しまなみ街道に行ってきた。

と、言っても、縦走はしてなくて、因島・尾道間を往復(約60キロ)してきたんだけど。



スタートは因島の土生港にある駐車場。ここでデポして出発した。着いたのが11:00位だったんで、腹ごしらえに目の前の商店街にある一色商店へ。ここには「おさかなバーガー」という土曜日にしか販売されないバーガーがあるのだ。なんでも太刀魚のフライを挟んであるらしく、上品な甘みとサクサク食感が絶妙らしい。が、完売していた。。。

680f45ba.jpg


しょうがないので、もう一つのお目手の場所・児玉製パン所へ。

ここにはTVに何度も紹介された昔ながらの手作りパンがあるのだ。

行ってみると、最後の1個が残ってた。ラッキー!

6a99706b.jpg


上が有名な「ねじパン」で、下が「あんぱん」。ねじパン最後の1個ゲットだぜー!ねじパンはふわふわな生地に砂糖をまぶしてて、ほどよくサクっとしてて美味かった。あんぱんも美味かったよ。この商店街、造船所が近くにあるんで、思ったより店が開いてる商店街だった。因島風のホルモン焼き屋とかお好み焼き屋があったんで、寄って食べようかと思ったけど、走る前なんで控えておいた。

4255c331.jpg


土生商店街を後にして、生口橋まで行ってブルーラインが引かれている縦走コースにアクセス。だけど途中でコースを逸れて因島水軍城へ。そしたら途中に、因島名物・はっさく大福の看板があったんで、せっかくなので寄って食べてみた。なかに入ってる八朔が甘酸っぱくて大福の甘い白餡に良いアクセントを与えてた。んで、食べ終わって因島水軍城に行ったんだけど、客がいっぱいだったんでソッコーで引き返した。

23bcaf79.jpg


水軍城を後にして縦走コースに戻り、こっからは普段通りの縦走コースを通って尾道へ。そしたら因島記念公園で何やらやってたので寄ってみると、あれ?去年も見たような気がする。。。何とワシ、去年の8月29日にも縦走してて、そん時に同じイベントが開催されてたみたい。あの、どこでもドアみたいなの何やろ。

484c206c.jpg


因島大橋を渡って向島へ。こっからは一番好きな景色の広がる海岸線をずっと走る。けど天気が微妙だったので景色も微妙だった。天気と言えば、今日の天気は曇りぎみだったから助かったよ。たまーにめっさ晴れてたけどね。雨が降らなかったのが救いだわ。今治まで高速のってた時は大雨だったんだけどね。やっぱあれだね、日ごろの行いが…ウソです、スンませんm(_ _)m

4ee5026d.jpg


いつもの福本渡船とは違う、少し奥にある渡船で尾道へ。

けど、その途中にある後藤鉱泉所に寄ってサイダーで一服。

他にもラムネやクリームソーダも作ってるみたい。

66ec6e49.jpg


強すぎず弱すぎずのほど良いカーボネーションが渇いたのどを爽快に潤す。

そして、その爽快感を邪魔しない程度にある甘みが疲れを癒してくれる。美味い。

2608258f.jpg


その後、尾道に渡り、あくびカフェーへ。

あくびカフェーのある「あなごのねどこ」に泊まってみたい。それかU2のサイクルホテルかなぁ。今度一泊して夜の尾道を飲み歩こう。尾道の写真を撮り忘れたんで、向島から

e4f7c940.jpg


因島大橋の近くの海岸。

晴れてきて景色もよくなってきた。

ここら辺はこんな天気の時に走ると気持ち良いんだよね。

たまに暑すぎて死にそうになるけど。

0e21513e.jpg


因島大橋を渡って帰る前に、ちょっと遠回りしてウシオ・チョコラトルへ。

45e25e7c.jpg


2Fで作ってるみたい。

5e6e8e31.jpg


2Fにカフェと工房があった。

チョコは6種類作ってるみたいで、切れ端を試食出来るようになってた。工房はレジの奥にあって、レジから様子を見ることができたんだけど、同年代くらいの男性が作ってた。手に珍しい職があるのって羨ましい。

8f2bfee7.jpg


チョコ、持ち帰りもできた。

左からガーナ、ベトナム、下がハイチ。

持ち帰り用には保冷剤を入れてくれたんだけど、ジャージのポケットに入り難くて苦労した。ローストビーフに合うチョコってどんなんだろo(○´ω`○)oわくわく♪ つーか保冷剤入れるってことはマジで純度の高い良いチョコなんだね。そりゃお高いはずだわ(6枚で4500円くらいだった)

1b768002.jpg


お船ですおー

かっけー。

また天気が曇ってきた。

89ac543b.jpg


土生商店街に戻り、壽湯へ。

なんか「時間ですよ」に出てきそうな古い銭湯で風情があった。

シャワーが無くて、プッシュ式の水栓ってのが乙ですな。

けど、やっぱ地元民の集まる銭湯なんで、なんというか地域性や風習の違いがあって少し困惑しました。地元の方が浴槽の真横に陣取って、浴槽の湯で体や頭洗ってるんですよ。いや、その人だけかもしんないけどね。石鹸の泡が浴槽はいってるしwwwってなりました。

75c705eb.jpg


この風呂屋。

マキで湯沸かしてました。珍しいもの見れた。

19d72f7c.jpg























このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

E-3攻略完了!



ラスダンになるとボスがこんなに↓なった。

相変わらずワンパン大破が多数発生したけど、数をこなしてなんとか撃破した。A勝利ばかりだったけど。

42d8d318.jpg


戦果報酬は陸攻の銀河とかだった。

レア艦はゲットできなかった。。。

e2374915.jpg


3af86b15.jpg


一応、全海域を甲でクリア。

338e64b3.jpg


んで次は最終海域のE-4。

f5c727f3.jpg


機動部隊編成だと上スタート、水上部隊編成だと下スタートだった。

道中は3戦(うち夜戦1回)と対空戦が2回もあるんでボス戦時には燃料0状態になる。なもんでボス戦は敗北ばっかり。しかたないので速吸を連れてってボス戦前に洋上補給させることにした。そしたら8割がたA勝利以上できた。

91a58d34.jpg


けど、ボス戦に行くまでが大変なんだよね。道中にあるIマス(E-3のボスマス相当)で港湾夏姫やヒキニートがワンパン大破してくんのよ。。。E-3で沈めてんだから、もう出てくんなっつの。何度行っても大破撤退が続いて埒が明かないから、全員に修理女神積んでいくことにした。

321ce076.jpg


あ、これ↓が今回のボスの重巡棲姫。

バカンス中に攻め込んでスンません。たしかに無粋ですね。

da1c1dda.jpg


女神積んで進軍したお蔭でなんとかボス戦まで辿りつけるようになった。

ボス戦では速吸で洋上補給して戦うようにしたからA勝利が多かったけど、2度ほどS勝利とれた。2隊出した基地航空隊と決戦支援と先制空撃と先制雷撃がぜーんぶ上手く決まったらS勝利とれた。うん、運まかせだね。クソゲーじゃんウソですごめんなさい。んで、S勝利して出てきたのが、未ゲットだった駆逐艦・朝雲。声がほっちゃんやん。

aa90d1a9.jpg


朝雲ゲットしたあとに再度進軍ボス戦したら、またS勝利できた。

そしたら出てきたのが、新規実装された潜水艦・伊26!

ニムちゃんだって!かわゆいのう。

a16816b9.jpg


その後はA勝利ばかりでボスを撃破!ラスダンは1回だけで終わった!ラスダンで手こずらずに終わったの初めて!珍しい!ラッキー!

f85d270e.jpg


んで戦果報酬の戦艦・ウォースパイトをゲット!

声優さんの発音がパなかった!

cd5a2828.jpg


この海域も甲でクリア!

なもんで、ひさびさに甲種勲章をゲットだぜ!

4つ目の甲種勲章だぜ!

a68cc5d1.jpg


いえーい!2016夏イベ、しゅーりょー!新規実装されたイタリア空母のアクィラがまだ未ゲットだけど、堀に行くのシンドイから掘らないお。。。ワイ提督の夏は終わった。。。さて、秋イベにむけて資源を貯めるか。。。

278fafff.jpg

























このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

有名ダイニングビアバーのベクターが醸造所を設けたってんで行ってみました。



場所は新宿のベクタービアファクトリー。この店の中に新宿ビアブルーイングという醸造所を2016年4月に設けたそうだ。醸造所はカウンターキッチンの奥にある冷蔵庫のところにあり、定期的に見学会を開催しているとのこと。ブルワーは水木さんというサンクトガーレンで2年程修業したという方で、なかなかのイケメンだった。

383b70ab.jpg


ゆうさく。

シムコーを使ったシングルホップエールとのこと。カーボネーション低めでライトボディでドリンカブル。IBUは低いがしっかりと苦みを感じる。恐らくほかのフレーバーが弱いから相対的に強く感じるだけ、もしくは温度が少し低かったからかも。もしかしてライトエール的なやつかな。

e07f3e46.jpg


ファーストサミット。

シトラを使ったシングルホップエールとのこと。

14ee2859.jpg


ゲストビールの所沢ビールのザ・キャノンボール。

IPAとのこと。SRM値は8くらいか。ハチミツにつけたオレンジのような濃い甘い味。鼻孔に微かにシトラシーなアロマを感じる。甘さに隠れるがしっかりとした苦みもある。少しまったりとしたボディ。所沢ビール、初めて飲んだんだが美味いな。

feb3f60c.jpg













このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

東京の墨田区にある、宮田ビールに行ってきました。



この醸造所は2014年に創業。場所はスカイツリーから歩いて15分くらいの所にあります。醸造所はいわゆるブルーパブで、醸造所内にカウンターが設置されておりその場で出来立てのビールを飲めるようになっています。広さはぎゅうぎゅう詰めで恐らく15人は入れるかと。訪問した時はすでに満員で、表で飲んでる方もチラホラいました。

e9c6232d.jpg


ペールエール。

副原料にミントかカモミールを使ってるとのこと。

独特のフレーバーと爽快感があって美味かった。

この他にたしか4種類くらいあったんですが、次から次にお客が来るんもんで、あんまり長居するのも気が引けるんでお暇しました。今度行ったときにゆっくり飲もうと思います。

b3aef2ea.jpg

















このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

・・・面白いと思うんですが、一読どうでしょう。

漫画も沢山あるんですけどね。それはそのうち。



まずはペンの8月号。

けっこうなページ数使ってました。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

Pen (ペン) 2016年 8/1号 [雑誌]
価格:650円(税込、送料無料) (2016/8/12時点)






変わり種で食品商業の8月号。

ページ数はそこそこだけど内容が気持ち薄いかも。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

食品商業 2016年 08月号 [雑誌]
価格:1316円(税込、送料無料) (2016/8/12時点)






ハナコの7月号。

そこそこ良い内容だったと思います。

























このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ヒュット・ブラウエライのルクスス・ピルス。



この醸造所は1752年にヨハン・フレデリック・ピエソンがヘッセン州のバウナタールに創業した。以後、一族経営で現在まで続いている。創業当初はクナールヒュットという名前だったが現在はヒュットになっており、クナールヒュット時代からレストラン等も経営している。造るビールはシュバルツ、へレス等々さまざまあり、近年になってヘッシェンライオンビアというブランド名のビールを醸造所近隣で販売している。



さて、今回飲んだのは、ルクスス・ピルス。

色は黄色~黄金色でSRM値は5くらい。透明度は高く、泡立ち泡持ちはふつう。口に含むと、ドシッとしたしっかりとした苦みを感じ、鼻腔をホップの瑞々しい香りがぬける。後口にグラッシーな風味と苦みがほど良く残る。

7ecdd825.jpg

























このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

アンカー・ブリューイングのゴーウェスト!IPA。



この醸造所は1854年にゴットリーブ・ブレクルが創業した。その後、1896年にイームスト・バルースとオットー・シェンケル・ジュニアが買収し、社名を現在のアンカー・ブリューイング・カンパニーに変更。さらにその後の1965年に廃業寸前の同社を、あの有名なフリッツ・メイタグが買収し、1975年に黒字転換させた。また、なんと言っても世界中にアンカーといえばスチームと言われるように、同社の代名詞ともなるアンカー・スチームを復活させ、滅んでいたスチームスタイルを再び世に広めた。現在の経営者は2010年4月よりキース・グレッガーとトニー・フォリオになっている。



さて、今回飲んだのは、ゴーウェスト!IPA。

グラスに注ぐと、グレープフルーツ、マスカット、オレンジの香りがする。口に含むと、強い苦みを感じて口内が一瞬重たくなるが、すぐに程よいカーボネーションによってサッパリとする。同時に鼻孔にグレープフルーツなどのフルーティーなアロマがぬける。その後は強い苦みが再び現れ長く残る。苦みが主張しており、その裏でそれに比例してコクを感じるがそこそこドリンカブル。苦みを楽しめる一品。

42dc2c1e.jpg





















このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

コロナド・ブリューイングのオレンジ・アベニュー・ウィット。



この醸造所は1996年にロンとリックのチャップマン兄弟が創業した。場所はカリフォルニア州のサンディエゴにあるコロナドという小島の中心地にあり、この地に伝わるマーメイド伝説や島民のルーツをビールを通じて表現しているとのこと。



さて、今回飲んだのは、オレンジ・アベニュー・ウィット。

色は橙色でSRM値は7くらい。透明度は低く泡立ち泡もちは気持ち弱めかも。グラスに注ぐと、オレンジの白皮のような香り。口に含むと、弱く柔らかいカーボネーションと酸味、それに苦みを感じたと思ったら、直後にベルジャンホワイトよりもほんの少し濃いめの甘みを感じる。ボディもベルジャンホワイトより気持ちライトかも。ライトボディでほんのりシトラシーでドリンカブル。夏にあうのかも。

b5a76f8d.jpg























このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ジプシーインクのティプシージプシー。



この醸造所はミッケラーのミッケル・ボルグとトゥ・オールのトーレ・ギュンターが立ち上げた。醸造所と行ってもミッケラーが関わっていることでわかるだろうが、その名の如くジプシーブルワリーである。醸造所のコンセプトは「よりバランスと飲み易さを重視したクラフトビール」で、ミッケラーのアートディレクターをしているキース・ショアがラベルを担当している。



さて、今回飲んだのはティプシージプシー。

色は黄金色でSRM値は5くらい。透明度は高く泡立ち泡持ちは良い。グラスに注ぐと、グラッシーな香りと同時にパッションフルーツを思わせるフルーティーな香りやシトラシーな香りもする。口に含むと、しっかりとした苦みとコクを感じ、同時にほど良く刺すようなカーボネーションによる刺激を感じる。そのため、そこそこ飲み応えがあるのにドリンカブル。鼻孔にパインやグレープフルーツのような香りがうっすらとぬける。

c6711db3.jpg



























このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

猪苗代地ビールのピルスナー。



色はくすんだ黄金色でSRM値は5くらい。透明度はやや低く泡立ち泡持ちはふつうかも。口に含むと、鼻腔をモルトの甘い香りとホップの爽快な香りがバランスよく静かにぬけ、口内で苦みとモルトの甘味とをバランスよく感じる。フレーバー、アロマそれぞれのバランスが良く、フレーバーとアロマ同士のバランスも良い。

bc199f5e.jpg


ゴールデンエールも美味い!

841421c2.jpg





















このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ