クラフトビールと盆栽の日記@高知

地ビール協会認定・ビアテイスター、ビア&スピリッツ協会認定・ビアアドバイザーのブログ。 飲んだビールのメモ帳&趣味の盆栽の観察日記です。 ※ビアスタイルガイドラインに沿った評価はしていません。

2016年12月

グレート・ディバイド・ブリューイングのタイタンIPA。



この醸造所は1994年にブライアン・ダンがコロラド州のデンバーに創業した。ダン氏は大学在学中に5年ほど海外で暮らしていたのだが、その間に自家醸造に目覚め、帰国すると創業を決意。1993年に大学で学んでいたマーケティングの知識を活かして市場調査と創業計画を立て翌年3月に創業した。造るビールは様々あるが、タイタンIPAやイエティ・インペリアルスタウトなどが有名で、日本でも数年前に爆発的な人気を博したが、本国での人気急騰のため全商品の輸入がストップしている。



さて、今回飲んだのは、約5年ぶりに入荷されたタイタンIPA。

色は薄めの銅色でSRM値は8くらい。透明度は低く、泡立ち泡持ちは気持ち弱め。グラスに注ぐと、青リンゴやメロン、グレープフルーツを思わせる香りが漂う。口に含むと、ピリピリとした刺激を感じて口内が爽やかになったと思ったら、直後にハチミツのようなモルトのまったりとした甘みと、鼻孔にリンゴやグレープフルーツを思わせるアロマを感じ、そのすぐ後にしっかりとした苦みを感じる。複雑でしっかりとしたボディだが、バランスが良く、そこそこドリンカブル。本当に美味い。

f032bc7c.jpg





















このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ロイヤル・ブリューイングのロイヤル・ピルスナー。



この醸造所は2016年にマイク・ウェクスラーがジャック・ホウストンとポール・バスチンと共にオレゴン州ポートランドに創業した。初めは近くのブルーパブでコントラクトブリューイングしたものを売っていたが、3月ごろに自前の設備を構えたレストランを開設し、今はそこで操業している。造るビールは、ポーター、レッドエール、ペールエール、ピルスナーがある。



さて、今回飲んだのはロイヤル・ピルスナー。

色は黄色でSRM値は4くらい。透明度はふつうで、泡立ちは気持ち弱く泡持ちはふつう。グラスに注ぐと、微かにグラッシーな香りとモルトの甘い香りを感じる。口に含むと、しっかりとしたカーボネーションによる刺激を感じ、モルトのしっかりとした甘みを感じる。鼻孔を微かにラムネのような香りとグラッシーな香りがぬける。その後、苦みを感じる。ボディは中程度だがドリンカブル。

4afea13d.jpg





















このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

スタールハーゲンのスタールハーゲン�V。



この醸造所は2004年に地元のビール愛好家たちによって、フィンランドのオーランド自治県の都マリエハムンから数キロ離れたグレスビーに設立された。社名は王室が昔グレスビーに建てていた醸造所の名にちなんでいる。造るビールは様々あるが、特に約170年前の沈没船で見つかったビールを再現した「ヒストリックビア1843」で知られている。



さて、今回飲んだのは、スタールハーゲン�Vというピルスナー。

色は綺麗な黄金色でSRM値は6くらい透明度は高く泡立ち泡持ちはふつう。グラスに注ぐとモルトの甘く香ばしい香りを軽やかに感じる。口に含むと、モルトの甘味とクリスピーさを軽く感じ、奥でほどよい苦みを感じる。甘みが目立つが、苦みが甘みを目立たせるように良いアクセントになってる。ライトボディだがほどよく飲み応えもある。

4b5ffd34.jpg























このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

マストリ・ビッラ・ウンブリのコッタ19。



この醸造所はイタリアで1870年から農園を経営しているランフランコとドミニコのファッシオーネ兄弟がウンブリに設立した。最初はオリーブオイルと小麦の販売をしていたが現在はそれに加えワインやビールも造っている。現在の経営は彼らの子供と孫、そして曾孫の計5人が行っている。造るビールは、ビオ、コッタ、セレジオーネの3ラインがあり、それぞれで複数のスタイルをつくっている。



さて、今回飲んだのは、コッタ19というブロンドエール。

色は黄色~黄金色でSRM値は5くらい。透明度は気持ち低いかも。泡立ちはよく泡立ちは気持ち弱い。グラスに注ぐと、杏を思わせる甘酸っぱいフルーティーな香りやブロンドエールらしい酵母?の香りを感じる。口に含むと、カーボネーションによる強いキレ感が口内いっぱいにパアッと広がってすぐに消える。その陰で程よいモルトの甘味を感じ、ブロンドエールらしい香りが鼻孔をぬける。

8074cb9b.jpg























このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

サッポロのエーデルピルス。



業務用しかないこの商品、たまに期間限定かつコンビニ限定で缶商品が出されるけど、今回はネットショップ限定で瓶商品でリリースされました。相変わらずホップの爽やかな香りとクリアーな口当たり、そして強くて爽快な苦みが最高です。

e517d824.jpg



















このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

E-5の甲、クリアしたよー!



4d378d39.jpg


いや-、面倒くさかった。

何がめんどくさかったかと言うと、出発マスの前進ギミック解除と、ボスの装甲ギミック解除。前者は、はじめは右端にあった出発マスをギミック解除することで真ん中に移動できるというもので、Aマスを何回かS勝利&基地防空で制空確保を数回達成して移動できた。んで後者は、Kマスで1回S勝利、Pマスで3回S勝利、Fマスで2回S勝利、基地防空で数回制空確保するとボスの装甲が弱くなるというものなんだけど、PマスでのS勝利が難いのなんの。対空カットイン&正規空母4隻すべてに艦戦ガン積みしてやっと航空優位にしてS勝利できたよ。

be5e28ce.jpg


んで、これが今回のボス、深海海月姫。

ビキニ環礁に沈んでいる空母サラトガがモチーフになってるっぽい。

0ab84e1a.jpg


8c5e5d5c.jpg


装甲ギミック解除したはいいが、ボスマスに行くまでにだれかが大破してなかなか行けなくて大変だった。行けたら行けたでボス以外に攻撃してボスは無傷のままA勝利ってパターンも多かったし。ギミック解除するだけでもけっこう大変だったのに、ボス戦に挑むまでもかなり大変だったよ。。。

e129622c.jpg


けどまあ、十数回ボス戦をやって何とかクリア。この間に、未ゲットだった軽巡・酒匂を2隻ゲット。せっかくゲットしたので、クロスロード組だからLv.1だけど使ってみたらボスマス前で逸れたんで以後は使わずにやった。

103b61cf.jpg


ちなみに編成はこれ↓

第1艦隊は利根・筑摩の前は榛名Lv.128、金剛Lv.113、長門Lv.116を入れていたけど、1戦増えてボスマスへの到達率が悪かったから利根・筑摩に変えた。あと、第2艦隊もはじめは摩耶・大井ではなくビスマルクLv.91と鳥海Lv.94を入れてたんだけどカスダメばっか出すから変えたよ。

cd3b11b7.jpg


8fc0a317.jpg


んで、5つ目の甲殊勲賞をゲット。

今回初めてオール甲でないけど、まあいっか。

ebbcc221.jpg


んでんで、成果報酬の空母・サラトガをゲット!

あー疲れた。。。

268b6fe9.jpg





















このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ