クラフトビールと盆栽の日記@高知

地ビール協会認定・ビアテイスター、ビア&スピリッツ協会認定・ビアアドバイザーのブログ。 飲んだビールのメモ帳&趣味の盆栽の観察日記です。 ※ビアスタイルガイドラインに沿った評価はしていません。

2018年11月

今年もお歳暮の時期が近づいてきましたね。





私、お歳暮で贈る&貰うのなら、クラフトビール・地ビールが良いと思うんです。





というのも、普通のビールよりプレミアム感があるし、その土地独特の「らしさ」が出てて、贈り主の元気な姿を思い浮かべられるから。お歳暮をもらう方としては、珍しくて良いものを貰えると嬉しいし、なにより贈り主の住んでる地域や元気な姿を連想できるので嬉しいんですよね。なので、地域らしさがあって珍しいクラフトビール・地ビールを貰うのって喜ばれると思うんです。※もっと詳しく理由を知りたい方は「2018年 おすすめの「お歳暮」の選び方 」を見てね。





で、山口のクラフトビール・地ビールでおススメなのはこれ↓





【山口地ビール】

1997年に山口県山口市に設立されたブルワリーです。ブルワリーは鳴滝高原のふもとにあり、醸造に使用する仕込水は山口鳴滝の天然水を使っているとのこと。そのためか造るビールはどれもスッとしているのに芳醇で、過去には賞を獲っています。以前、現地で飲んだのですが確かにいずれも美味かったです⇒「【クラフトビール探訪・その86】山口:やまぐち鳴滝高原ブルワリー



【ちょんまげビール】

1997年に山口県萩市に創業したブルワリーです。吉田松陰や高杉晋作などを輩出した歴史の街・萩にちなんでチョンマゲビールという名にしたそうです。老舗ブルワリーです。



山口には過去に数軒のブルワリーがあったのですが、現在は上記しかありません。希少性のあるビールなので県外の親戚や知り合いへの贈答品として喜ばれると思います。














このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

今年もお歳暮の時期が近づいてきましたね。





私、お歳暮で贈る&貰うのなら、クラフトビール・地ビールが良いと思うんです。





というのも、普通のビールよりプレミアム感があるし、その土地独特の「らしさ」が出てて、贈り主の元気な姿を思い浮かべられるから。お歳暮をもらう方としては、珍しくて良いものを貰えると嬉しいし、なにより贈り主の住んでる地域や元気な姿を連想できるので嬉しいんですよね。なので、地域らしさがあって珍しいクラフトビール・地ビールを貰うのって喜ばれると思うんです。※もっと詳しく理由を知りたい方は「2018年 おすすめの「お歳暮」の選び方 」を見てね。





で、島根のクラフトビール・地ビールでおススメなのはこれ↓





【ビアへるん】

1996年に島根県松江市に設立された島根ビール(株)が、松江城の近くにある「松江堀川地ビール館」で作っています。数種類のビールを作っていますが、いずれも各種の賞を受賞しており味は折り紙つき。数年前に現地で飲んだのですが、確かに美味かったです⇒「【クラフトビール探訪・その76】島根:島根ビール 」ちなみにブランド名の「ビアへるん」とはラフカディオ・ハーンにちなんでおり、缶や瓶のラベルにはハーン氏が描かれています。



島根にはこの他に、石見麦酒、三島ファームがありますが、いずれも流通量が少ないので入手困難です。県外の親戚や知り合いへの贈り物にはビアへるんが最適です。






























このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

今年もお歳暮の時期が近づいてきましたね。





私、お歳暮で贈る&貰うのなら、クラフトビール・地ビールが良いと思うんです。





というのも、普通のビールよりプレミアム感があるし、その土地独特の「らしさ」が出てて、贈り主の元気な姿を思い浮かべられるから。お歳暮をもらう方としては、珍しくて良いものを貰えると嬉しいし、なにより贈り主の住んでる地域や元気な姿を連想できるので嬉しいんですよね。なので、地域らしさがあって珍しいクラフトビール・地ビールを貰うのって喜ばれると思うんです。※もっと詳しく理由を知りたい方は「2018年 おすすめの「お歳暮」の選び方 」を見てね。





で、鳥取のクラフトビール・地ビールでおススメなのはこれ↓





【大山Gビール】

1997年に鳥取県西伯郡伯耆町に設立されたブルワリーです。数々の受賞歴を持つ名ブルワリーで、中四国を代表する老舗ブルワリーの一つでもあります。つくるビールはいずれも名水百選に指定された大山の伏流水「地蔵滝の泉」の湧き水を仕込水として使用しており、スッとした透明感のある味に仕上がっています。以前、現地で飲んだのですが、確かに美味かったです⇒「【クラフトビール探訪・その84】鳥取:くめざくら大山ブルワリー



鳥取にはこの他に、タルマーリー、アキラブルーイングがありますが、いずれも生産量が少ないため入手困難です。県外の親戚や知り合いへの贈答品としては大山Gビールがおススメです。
























このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

今年もお歳暮の時期が近づいてきましたね。





私、お歳暮で贈る&貰うのなら、クラフトビール・地ビールが良いと思うんです。





というのも、普通のビールよりプレミアム感があるし、その土地独特の「らしさ」が出てて、贈り主の元気な姿を思い浮かべられるから。お歳暮をもらう方としては、珍しくて良いものを貰えると嬉しいし、なにより贈り主の住んでる地域や元気な姿を連想できるので嬉しいんですよね。なので、地域らしさがあって珍しいクラフトビール・地ビールを貰うのって喜ばれると思うんです。※もっと詳しく理由を知りたい方は「2018年 おすすめの「お歳暮」の選び方 」を見てね。





で、広島のクラフトビール・地ビールでおススメなのはこれ↓





【海軍さんの麦酒】

1996年に広島県呉市に誕生したブルワリーです。どのビールも多くの大会で受賞している名ブルワリーで、西日本を代表する老舗ブルワリーです。過去に何度も現地で飲んでいるのですが、どのビールも美味く、また期間限定商品もあるので常時チェックが必要なブルワリーです。



広島にはこの他にクラフトハートブルワリー、広島北ビール、セッションズブルワリー、自家醸造準備中の宮島ビールがあります。ですがいずれも現地でしか飲めなかったり、宮島ビールは県外メーカーに委託生産しているので、完全な広島産で県外発送可能なビールは海軍さんの麦酒だけになります。広島らしさのある海軍さんの麦酒を、県外の親戚や知り合いに贈ってみませんか?
























このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

今年もお歳暮の時期が近づいてきましたね。





私、お歳暮で贈る&貰うのなら、クラフトビール・地ビールが良いと思うんです。





というのも、普通のビールよりプレミアム感があるし、その土地独特の「らしさ」が出てて、贈り主の元気な姿を思い浮かべられるから。お歳暮をもらう方としては、珍しくて良いものを貰えると嬉しいし、なにより贈り主の住んでる地域や元気な姿を連想できるので嬉しいんですよね。なので、地域らしさがあって珍しいクラフトビール・地ビールを貰うのって喜ばれると思うんです。※もっと詳しく理由を知りたい方は「2018年 おすすめの「お歳暮」の選び方 」を見てね。





で、岡山のクラフトビール・地ビールでおススメなのはこれ↓





【独歩ビール】

1995年に岡山県岡山市に設立されました。本業は宮下酒造と言う老舗酒蔵です。ブルワリーは設立時より数多くの賞を受賞しており、西日本を代表する老舗・名ブルワリーの一つです。つくるビールもピルスナーなどの定番だけでなくマスカットピルスなどフルーツを使ったビールが多いことで有名です。ちなみに、こんな所で作っています⇒「【クラフトビール探訪・その157】岡山:宮下酒造 独歩ビール



【吉備土手下麦酒】

2006年に岡山県岡山市に誕生したブルワリーです。この数年流行っている小規模醸造所の元祖で、東京の麦酒企画をはじめ全国に弟子ブルワリーがいる有名なところです。基本、現地でしか飲めないのですが、たまに外販しているようです。



上記いずれも岡山らしいビールを作っています。県外の親戚や知り合いに、地元岡山の特産品として贈ってみてはどうでしょうか?きっと喜ばれますよ。


















このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

今年もお歳暮の時期が近づいてきましたね。





私、お歳暮で贈る&貰うのなら、クラフトビール・地ビールが良いと思うんです。





というのも、普通のビールよりプレミアム感があるし、その土地独特の「らしさ」が出てて、贈り主の元気な姿を思い浮かべられるから。お歳暮をもらう方としては、珍しくて良いものを貰えると嬉しいし、なにより贈り主の住んでる地域や元気な姿を連想できるので嬉しいんですよね。なので、地域らしさがあって珍しいクラフトビール・地ビールを貰うのって喜ばれると思うんです。※もっと詳しく理由を知りたい方は「2018年 おすすめの「お歳暮」の選び方 」を見てね。





で、兵庫クラフトビール・地ビールでおススメなのはこれ↓





【揮八郎ビール】

1995年にしゃぶしゃぶやハンバーグなどの高級レストランとして有名な三田屋が設立しました。さすが肉類の飲食店を経営しているだけあって肉料理にムチャクチャ合います。驚くべきなのは単品で飲んでもかなりの飲み応えがあることです。なのに地ビール業界ではあまり有名でないという隠れた名品です(恐らくビールコンテストに出品していないからだと思います。勿体ない。)個人的に大好きなビールのうちの一つでなので、自信をもっておススメしています。特にピルスナーが美味いです。



【城崎ビール】

1997年に兵庫県城崎町に設立されたブルワリーです。蟹と温泉の街のブルワリーらしく、蟹に合うカニビールで有名です。以前、現地で飲んできたのですが⇒「【クラフトビール探訪・その26】兵庫:城崎ビール 」どれも美味かったです。特に湯上がりの飲むピルスナーが美味いですね。



兵庫にはこの他にも多くのブルワリーがあるのですが、現地でしか飲めないものが多いため、地方発送可能なブルワリーは上記のみとなります。ですが、どちらもかなり美味い品なので贈答品にピッタリです。県外の親戚や知り合いに兵庫の特産品として贈ってみませんか?






















このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

今年もお歳暮の時期が近づいてきましたね。





私、お歳暮で贈る&貰うのなら、クラフトビール・地ビールが良いと思うんです。





というのも、普通のビールよりプレミアム感があるし、その土地独特の「らしさ」が出てて、贈り主の元気な姿を思い浮かべられるから。お歳暮をもらう方としては、珍しくて良いものを貰えると嬉しいし、なにより贈り主の住んでる地域や元気な姿を連想できるので嬉しいんですよね。なので、地域らしさがあって珍しいクラフトビール・地ビールを貰うのって喜ばれると思うんです。※もっと詳しく理由を知りたい方は「2018年 おすすめの「お歳暮」の選び方 」を見てね。





で、和歌山のクラフトビール・地ビールでおススメなのはこれ↓





【ナギサビール】

1997年に南紀白浜に眞鍋兄弟が設立したブルワリーです。創業当初より賞を受賞しており、特にペールエールとウィートエールは秀逸で、ビール以外の各種メディアにも取り上げられた名品です。現在は工場を移転拡張しており⇒「【クラフトビール探訪・その122】和歌山:ナギサビール 」和歌山を代表する名ブルワリーとなっています。



【ボイジャーブルーイング】

2016年に和歌山県田辺市に誕生したブルワリーで、ナギサビールの共同経営者であった眞鍋公二さんが立ち上げました。仕込水に紀州熊野山系の水脈から湧き出す「紀州熊野の命水」を使い、ナギサビールで培った技術を活かしてビール作りをしています。



【HEIWA CRAFT】

2015年に和歌山県海南市に設立されたブルワリーで、本業は日本酒「紀土」をつくっている平和酒造という酒蔵です。こちらも女性ブルワーが活躍されていることで知られています。



和歌山には老舗・ナギサビールや、その兄弟ブルワリーであるボイジャーブルーイングなど、レベルの高いブルワリーが多いです。贈答品にぴったりなので、ぜひ県外の親戚や知り合いに和歌山の名産品としてお送りください。






















このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

今年もお歳暮の時期が近づいてきましたね。





私、お歳暮で贈る&貰うのなら、クラフトビール・地ビールが良いと思うんです。





というのも、普通のビールよりプレミアム感があるし、その土地独特の「らしさ」が出てて、贈り主の元気な姿を思い浮かべられるから。お歳暮をもらう方としては、珍しくて良いものを貰えると嬉しいし、なにより贈り主の住んでる地域や元気な姿を連想できるので嬉しいんですよね。なので、地域らしさがあって珍しいクラフトビール・地ビールを貰うのって喜ばれると思うんです。※もっと詳しく理由を知りたい方は「2018年 おすすめの「お歳暮」の選び方 」を見てね。





で、大阪のクラフトビール・地ビールでおススメなのはこれ↓





【箕面ビール】

1997年に大阪府箕面市に誕生したブルワリーです。創業時より数々の賞を受賞している名ブルワリーです。突然亡くなった創業者のゴッドファーザー・大下正司氏のあとを3姉妹が引き継ぎ現在に至っています。



【大阪ベイブルース】

あの名曲を題したビールです。ただし醸造は兵庫の小西酒造です。商品コンセプトなど詳細はリンク先↓で確認ください。



大阪には数多くのブルワリーがあるのですが、いずれもブルーパブのため現地に行かないと飲めません。なので、大阪から府外の親戚や知り合いに贈るビールは箕面ビールのみとなります。ですが、贈答品にぴったりの味とレジェンドをもっている品なのでおすすめします。




















このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

今年もお歳暮の時期が近づいてきましたね。





私、お歳暮で贈る&貰うのなら、クラフトビール・地ビールが良いと思うんです。





というのも、普通のビールよりプレミアム感があるし、その土地独特の「らしさ」が出てて、贈り主の元気な姿を思い浮かべられるから。お歳暮をもらう方としては、珍しくて良いものを貰えると嬉しいし、なにより贈り主の住んでる地域や元気な姿を連想できるので嬉しいんですよね。なので、地域らしさがあって珍しいクラフトビール・地ビールを貰うのって喜ばれると思うんです。※もっと詳しく理由を知りたい方は「2018年 おすすめの「お歳暮」の選び方 」を見てね。





で、京都のクラフトビール・地ビールでおススメなのはこれ↓





【黄桜麦酒】

1995年に清酒メーカーとして有名な黄桜が京都市伏見区に設立したブルワリーです。京都府第一号地ビールとして設立されました。当初は黄桜麦酒というブランド名で販売していましたが、今は京都麦酒やラッキーシリーズなどを販売しています。また、エジプト研究で有名な吉村教授たちと共同開発した古代エジプトのビール・ナイルシリーズも有名です。以前、現地で飲んだことあるんですがどれも美味かったです⇒「伏見と黄桜ビール�A



【丹後王国の地ビール】

2016年に京都府京丹後市にある「道の駅 丹後王国『食のみやこ』」内に設立されたブルワリーです。このブルワリーでは丹後地方に縁のある7人の女性たちをテーマにしたブールを作っています。

◇ 絶世の美女と謳われる平安時代の女流歌人、『小野小町』(おののこまち)

◇ 源義経への愛を貫いた舞姫、『静御前』(しずかごぜん)

◇ 用明天皇の后で厩戸皇子(聖徳太子)の生母、『間人皇后』(はしうどこうごう)

◇ 安寿と厨子王で知られ、山椒大夫に捕らわれ池に身を投げた『安寿姫』(あんじゅひめ)

◇ 明智光秀の娘、キリスト教に身を捧げた『細川ガラシャ』(ほそかわがらしゃ)

◇ 天から舞い降りた美しき天女、『羽衣天女』(はごろもてんにょ)

◇ 浦島伝説に登場する龍宮城の姫、『乙姫』(おとひめ)





【町家麦酒】

1997年に京都市中京区亀屋町に設立されたブルワリーで、本業は清酒蔵でキンシ正宗で有名なキンシ正宗株式会社です。創業時から女性ブルワーが活躍されていたブルワリーで、女性らしい繊細な作りの味で人気です。



いずれも府外の親戚や知り合いに、京都の珍しい特産品として贈るのに最適なビールです。特に黄桜のエジプトビールはかなり珍しいので喜ばれるのではないでしょうか。


















このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

FX、今月も最終的な利益は15万位で終わるわ。

なかなか簡単には目標達成させてくれんねぇ。

けどまあ、欲を出すと失敗するだろうからガツガツいかないってワイのポリシーは大正解やで。10月位だったかな?某ツイッタラー界隈でカナダドル買いを推してる雰囲気あったんだけど、乗らなくて大正解だったよ。だだ下がりやん(笑) 今もあん時も中国と原油の動きが不透明なのによく買おうと思うよね。あの人ら養分まいうーって思ってるだろうね(笑) けどチャート見たら底うってるっぽく見えるし、ナフタ問題も片付いたから買いたい衝動にかられるわ( ´Д`)y━・~~



話変わって艦これ。

冬イベはソロモンとのこと。

ワイ艦隊、ソロモン参加組は練度低いのばっかやで。

今からよう育てられんわ、どないしょ。




















このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ