クラフトビールと盆栽の日記@高知

地ビール協会認定・ビアテイスター、ビア&スピリッツ協会認定・ビアアドバイザーのブログ。 飲んだビールのメモ帳&趣味の盆栽の観察日記です。 ※ビアスタイルガイドラインに沿った評価はしていません。

2020年01月

色は薄めの橙色でSRM6くらいかな。透明度は低く泡立ち泡持ちは良い。グラスに注ぐと柑橘の白皮の香りを感じる。口に含むと、アロマと同様な柑橘の白皮と、いっそうオレンジやレモンのようなシトラシーな風味を感じ、キュッとしたキレ感としっかりとした苦味とを感じる。その後、ボディはライトになり、ほのかに苦味を口内に残して消える。
IMG_1671


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

カナダのブルワリーが作るIPA。色は黄色でSRM5くらい。透明度は低く、泡立ち泡持ちは気持ち弱め。グラスに注ぐと、ほんのり柑橘の白皮や桃の香りを感じる。口に含むと、アロマと同様なフルーティーなフレーバーを感じる。苦味はしっかりとあるが苦々しくも重くもなく、ボディは軽い。ファーストからフィニッシュまでフルーティーなフレーバーとほど良い苦味が続く。美味い。
IMG_1654

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

イギリスのブルワリーが作るモダンペールエールとのこと。色は薄めの黄色で透明度は低く、泡立ち泡持ちは気持ち弱めなのかも。グラスに注ぐと梅を思わせる少し酸っぱそうな香りを感じる。口に含むとアロマと違って酸味はなく、タマネギやナッティな風味が全体を覆い、その中でトロピカルフルーツのフルーティーな風味がする。もしかしてグラスが汚れてたかな?
IMG_1648

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

色は黄色でSRM45くらい。透明度は低く泡立ち泡持ちはほんの少し弱めかも。口に含むと、ほんのり梅のような酸味があるかと思ったら、バナナやクローブの風味をほのかに感じて、これまたほのかにカーボネーションの刺激を感じて口内が爽快になる。
IMG_1650





このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

コエドビールとコーヒー専門店の堀口珈琲がコラボしてつくった一品。スマトラ島のマンデリンという豆を使ったラガーとのこと。色は少し薄めのドゥンケルのような銅色で、泡立ち泡持ちはラガーにしては弱め。口に含むと、鼻孔に複雑なのに澄んでいるコーヒーの香りとコーヒーフロートのアイスのような甘い香りがぬけ、口内ではスッとした口当たりとほどよい苦味とを感じる。
IMG_1561







このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ホップのスッとした爽快な香りの中にかすかに甘い香りを感じる。口に含むと、鼻孔にホップの爽快な香りがぬけ、口内ではコーヒーに似た酸味と苦味によってスッと爽快になり、じわじわとしたカーボネーションとほんのりコクが長く残る。想像したより美味い。
IMG_1560








このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

色は薄めの黄色でSRM3くらい。透明度は低く泡立ち泡持ちは少し弱めかも。グラスに注ぐと、はちみつを思わせる甘い香りと柑橘の白皮に似た香りとをほのかに感じる。口に含むと、アロマと同様なフレーバーを感じて、ほどよい強さの苦味と甘味とをまるでさざ波のように幾重にも感じる。これがウェーブという名の由来かも。
IMG_1434










このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ジャイガンティックとファーイーストがコラボして作ったセゾン。色は黄色でSRM3から4くらい。透明度は低く泡立ち泡持ちは良い。グラスに注ぐと柑橘の白皮の香りをメインにかすかに牛乳のような香りがする。口に含むと、柑橘の白皮の風味と小麦のまろやかな風味、それに加え、ほのかな渋味と苦味を感じてフルーティー感を感じる。IMG_1433









このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

色は綺麗な黄金色でSRM5くらい。透明度は高く泡立ち泡持ちはふつう。口に含むと、北ドイツピルスナーに似たドライな口当たりで、甘みや酸味はほぼ無く、鼻孔にモルトの香りがぬける。華やかなフレーバーが好みの人には受けないだろうけど、そんなラガーピルスナーが増えている中で飲むと改めて美味さを感じる。
IMG_1435







このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

滋賀県の長濱浪漫ビールに行ってきた。
毎年長浜で開催されている盆梅展に行くついでに寄ったんだけど、去年も盆梅展の帰りに訪れてたんで、ちょうど一年ぶりの再訪になる。
IMG_1585
まさか限定ビールが飲めるとは。
あと黒壁スタウトが消えてるのが気になる。
IMG_1588
せっかくなんで、長浜の珍味三種盛をオーダー。鮒寿司、しじみの佃煮、赤こんにゃく。甘い佃煮がエールに良く合ってた。
IMG_1587

まずは淡海ピルスナー。麦の風味が鼻孔をぬけ、後からほのかにだがしっかりと来るピリピリした刺激と苦味が飲みごたえを感じさせる。苦味、コク、甘み、ボディの強さがバランス良くある。つーか、中身同じなのに瓶で飲むより美味い。これがあるから現地で飲むの辞められないんだよね。

IMG_1586

次に長濱エール。柿やオレンジやマンゴーを混ぜたら出来そうなフルーティーな味わいがする。それを支えるように目立たず苦味が仕事してる。美味い。

IMG_1589

限定品のアルト。主張が控えめだけど美味い。話は変わるけど。スーパードライがヒットした要因として料理の味を邪魔しないってのが指摘されてたけど、それってビールの個性を消してるってことだよね。けどアルトなら料理の味を邪魔せずにビールの個性も楽しめるからいいと思う。肉料理とアルトをセットでプロデュースしたら当たると思うよ。これ飲んでそう思った。

IMG_1590

限定品のヴァイツェンボック。バナナとグローブの香りを良く感じ、ヴァイツェンとは異なって少しカンッとした高いアルコール感の刺激とまったりとした甘みを感じる。カンッとは言っても変なチグハグ感は無く全体はまとまっている。思うんだが、ヴァイツェンボックって瓶や缶で飲むより出来たてを飲むのが美味いんじゃなかろうか。そういえばヴァイツェンボックって醸造所で冬季限定品としてサーブされてるのは良く見るけど、瓶や缶商品ってあまり見ないような気するなぁ。

IMG_1591
近江牛の寿司。めちゃ美味かった。
IMG_1592
せっかく長浜に来たんで繁華街の居酒屋へ。ビワマスとニゴロブナの刺身なんだけど、特にマスは脂がのってて美味かった。酒は地元の七本槍の大吟醸。これも美味かった。
IMG_1594
モロコの塩焼き。琵琶湖の固有種でコイの仲間とのこと。ふわふわの身で美味い。
IMG_1595
サービスでくれたんだけど、何だったか忘れた。
IMG_1597


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ