クラフトビールと盆栽の日記@高知

地ビール協会認定・ビアテイスター、ビア&スピリッツ協会認定・ビアアドバイザーのブログ。 飲んだビールのメモ帳&趣味の盆栽の観察日記です。 ※ビアスタイルガイドラインに沿った評価はしていません。

2021年07月

加賀温泉郷の山代温泉にある共同浴場古総湯に行ってきました。山代温泉は約1300年前に行基によって開湯されたと言われる北陸随一の歴史を持つ温泉で、明智光秀や北大路魯山人も愛した名湯。温泉は共同浴場の総湯があり、それを取り囲むように旅館が並んでいるので、その旅館街は『湯の曲輪』と言われています。

IMG_4448

これが街の中心にある共同浴場の総湯です。最近になって明治時代初期の姿を再現して建て直され、名前も古総湯となったそうです。

IMG_4447

ステンドガラスの窓や九谷焼のタイルが貼られた浴場がとてもモダンです。
IMG_4443
湯温は44度くらいでやや熱め。泉質はナトリウムカルシウム硫酸塩塩化物泉で低張性の弱アルカリ性とのこと。気持ちぬるっとしたサラサラした肌ざわりです。
IMG_4444
明治時代の文明開化によって導入されたステンドグラスが日本の伝統文化である九谷焼の絵と巧くマッチしています。良き雰囲気。
IMG_4445
気持ち良すぎてワイの文明が開化しそうです(なんじゃそら
IMG_4446
ちなみにこちらも共同浴場の総湯。古総湯が観光客向けだとすると、こちらはガチンコの共同浴場でした。浴槽は2つあり、どちらもちょい熱めでした。こちらも良き!
IMG_4450
近所には『あいうえお』から始まる五十音図の創始者の明覚聖人が住職をしていた温泉寺があります。あいうえおはここで生まれたのか!?すげえ。
IMG_4453
IMG_4454
北大路魯山人の寓居跡?時間がなかったんで入れなかった。残念。
IMG_4456
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

秋田県仙北市にある、田沢湖畔の杜ビールに行ってきました。この醸造所は19996月から醸造開始、同時に併設のレストラン・オラエも開業しました。場所は名前の通り田沢湖畔の風光明媚な場所にあります。

IMG_4250

レストランから見られる仕込部屋。煮沸、濾過、ライスクラッカー用の釜とのこと。

IMG_4243

IMG_4247
右が天空、左がこまちラガー。こまちラガーは色は黄色と黄金色の間でSRM4くらい。透明度は低い。香りをかぐとモルティーな香りを感じる。口に含むと、モルティーさを感じたと思ったら直後に酸味を感じて口内がスッとし、コクと苦味とが現れフィニッシュまで続く。全体的なボディはライト〜ミディアムな感じ。それかライトボディだけど米成分でボディをミディアム近くまで感じるのかも。美味い。次に天空は全国酒類コンクールで何度も金賞を受賞したビールで、色は黄金色でSRM5くらい。透明度は高い。苦味酸味キレがバランス良く美味い。
IMG_4245
右が天涯、左が桜酵母。桜酵母は薄めの黄金色でSRM45くらい。口に含むと、田沢湖ビールの桜とは全く違う風味、具体的には花の蜜のような甘みがある。右の天涯はデュンケルで、これも全国酒類コンクールで何度も金賞を受賞したビールとのこと。色は黄金色でSRM5くらい。透明度は高い。苦甘香ばしくてそれを邪魔しないのにしっかりとした苦味があって美味い。
IMG_4246
せっかくなので近くをウロウロしてきました。
IMG_4254
IMG_4253
IMG_4238
IMG_4240
IMG_4242
IMG_4255
ポタージュが濃厚で美味かった。
IMG_4258
IMG_4256
IMG_4257
乳頭温泉郷の手前から見える田沢湖。IMG_4217
IMG_4218

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

秋田県秋田市にあるブリュッコリーに行ってきました。この醸造所は20183月に設立、10月に醸造免許を取得し現在に至っています。

IMG_4338

IMG_4345
醸造所にはタップルームが併設されているのですが、今は閉めているとのこと。なので、醸造所から徒歩5分ほどのところにある直営のカフェで飲むことに。
IMG_4344
右は浅春セゾン。色は薄めの琥珀色でSRM8くらい。透明度は高い。口に含むと、キレ感強めでモルティーさを薄くしたけど飲み応えのあるバスペールエールみたいな感じ。苦味の奥に何か独特な風味がするけどなんだろう。かすかに何か辛さも感じるかも。よく設計されてると思う。美味い。左はポチョムキンセゾン。色は黄色でSRM4くらい。透明度は高い。口に含むと、めちゃめちゃマンゴーとパイナップルのフレーバーがする。少しオレンジも。カーボネーションはほんの少し粗めで、そのため最初は柔らかく感じるが、直後にピリピリした刺激を感じる。ピリピリはカーボネーションとは別にあるスパイシーなフレーバーの影響かも。美味い。
IMG_4340

サワーペールエール。色は黄色でSRM3くらい。透明度は低く泡立ちは良さそうだけど粗いかも。香りをかぐとヘイジーな香り。口に含むと、サワーとは名乗ってるけどそんなに酸っぱくなく飲みやすい。柑橘の白皮の風味を感じ、その裏で酸味をほんのり感じるが全てペールで、酵母の風味とそれを邪魔しないようにあるうっすらとある酸味とを感じる。

IMG_4341

ローヘッドシステムIPA。色は少しくすんだ橙色でSRM6くらい。透明度は低い。口に含むと、トロピカルフルーツのような甘くフルーティーなフレーバーを感じるが、直後にほどよく苦味を感じて口内がスッとなり、ほんの少しアルコール度の高さを思わせるドロっとした口当たりを感じる。美味い。
IMG_4342
ハイビスカスサワー。色は赤みがかった琥珀色でSRM9前後。透明度は低い。口に含むと、たしかにハイビスカスらしい酸味はするけどそんなに酸っぱくなくドリンカブル。いいね。
IMG_4343




このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

秋田県仙北市にある、田沢湖ビールに行ってきました。この醸造所は劇団わらび座が運営するあきた芸術村内に1997年に設立されました。作るビールはドイツ系のビールが多く、特にアルトは何度も各種コンペで受賞している名品。また、ぶなの酵母を使ったビールも有名です。

IMG_4235


IMG_4220

IMG_4232


IMG_4229
村内にあるわらび座劇場。この他に、ゆぽぽという温泉施設やホテルもあります。温泉入った後にビール飲んで、そのまま寝て泊まることが出来るのです。なんという好立地でしょう。

IMG_4234
IMG_4233
ブルワリー併設のレストランは休業しているので、今回は敷地内にもう1つある食事処のばっきゃで飲みました。
IMG_4236

右がぶなの森、左がアルト。グラスの角館麦酒は田沢湖ビールが作っているOEMブランド?の1つのようです。まず、ぶなの森は色は濃い目の黄金色でSRM67くらい。透明度は低い。口に含むと、全体的に落ち着いた雰囲気で、多分ぶなの酵母に由来するだろう独特な風味と、少し変わった苦味を静かに感じる。美味い。アルトは少し曇った琥珀色って感じでSRM9くらい?透明度は低い。口に含むと、質実剛健な感じでスッとした口当たりの中から苦味をしっかりと、けど程よく感じる。

IMG_4230


右がピルスナーで左がケルシュ。ピルスナーはほんの少し薄めの黄色でSRM45くらい。透明度は低い。口に含むと、酵母の風味をよく感じ、後から苦味とキレ感とを同程度の強さで感じる。ケルシュはピルスナーよりも濃い色でSRM56くらい。透明度は低い。口に含むと、ピルスナーよりもキレ感が強く麦芽の旨味も強く感じる。美味い。他にも樽生ビールがあったのですが、ラストオーダー直前に来たので、これにて終了です。ブルワリーには売店があるので、龍角散ビールを買って帰りました。

IMG_4231



このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

富山県氷見市にあるブルーミンに行ってきたでごさる。

この醸造所は山本さん夫婦が2017年に設立、20183月に醸造免許を取り、同年4月にブルーパブのブルーミンを開店したのでござる。設立時にはクラウドファンディングで資金調達しており、私も微力ながら協力させてもらいまして、返礼品のビールを飲みその美味さから期待した醸造所の1つであるのでござるよ、ニンニン。いつか行ってみたいなと思っていたのでござるが、やっと訪問することが出来たでござるよ、ニンニン。が!フェイスブックで開店スケジュールを確認したにも関わらず、閉まっていたでござる。ニントモカントモ。残念でござる。

IMG_4423

仕方ないので別の日に富山市内にある直営バー?で飲んできたでござる。然れど、ここでもオリジナルビールは1種類しか飲めず。けど富山市内の醸造所が作るビールをいろいろ飲めたので良しとするでござるよ、ニンニン!
IMG_4528
まずはコボブルワリーの夏みかんプレミアントピルスナー。色は少し薄めの黄金色でSRM5くらい。透明度は高い。香りをかぐとセトカやバレンシアオレンジのような香りを感じる。口に含んでも同様にフルーティーなフレーバーを感じ、ほんのり柑橘の白皮の香りが鼻孔をぬける。カーボネーションがシャンパンのように軽く広くパアッと広がる。けど奥でキチンと飲みごたえも感じる。美味い。
IMG_4529
次は城端麦酒のグレートブルー。レモンスカッシュの甘く爽やかなフレーバー。美味い。製法は企業秘密とのこと。もしかしたらマロウブルーの液を使ってるのかも。
IMG_4530
富山関係ないけど、うちゅうブリューイングのビッグバンIPA。色は黄色でSRM3くらい。透明度は低い。口に含むと、バナナ、マンゴーのようなフルーティーさを感じるが、苦味と、IBU高いやつによくあるネギ香に近いクセの方を強く感じる。濃い。美味い。

IMG_4531

そして最後にオリジナルのスタウト!ブルーミンのマスコットであるホップモンスターのクッキーが付いてる。美味い!
IMG_4532
ちなみにブルーミンがある氷見市は藤子不二雄Aの出身地とのこと。なので街中に藤子不二雄A原作漫画のキャラがいました。
IMG_4429
IMG_4430
怪物くん。IMG_4424
IMG_4426
IMG_4427
IMG_4428
ハットリくん。IMG_4440
IMG_4436
IMG_4432
ニンニン。IMG_4431
IMG_4433
ニンニンでござる。IMG_4435
IMG_4434
ダーン!IMG_4437
ワイは猿や!
IMG_4439
ギューーーン!
IMG_4438
藤子不二雄Aの生家。
IMG_4441
IMG_4442
場所は戻って富山市内の居酒屋にて。さすが魚介の有名どころ富山。めちゃ美味かった。
IMG_4533
IMG_4542


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

秋田県秋田市にある、あくらビールに行ってきました。

あくらビールは1997年に醸造開始した老舗ブルワリー。元々は日本酒蔵でしたが戦中に統合され、以降は空きスペースになっていた現地を、社長が地ビール解禁年に地ビール事業への進出を決めてブルワリー&レストランのあるスペースに改修し現在に至っています。

IMG_4346


IMG_4356
設備はドイツから輸入し、オープンファーメンター式の発酵釜を使っているそうです。作るビールもドイツによくあるスタイルを作っているそう。

IMG_4348
IMG_4349
ふたりがかり。限定のアメリカンペールエールとのこと。色は薄い黄色でSRM3くらい。透明度は低く泡立ち泡持ちは良さそう。口に含むと、モルティーさと酵母の風味と苦味とを同程度の強さで感じるがボディはライト〜ミディアムでドリンカブル。柑橘の白皮の風味も少し感じる。美味い。

IMG_4351
雪櫻ホワイトエール。限定ビールとのこと。色は薄い黄色でSRM3くらい。透明度は高く泡立ち泡持ちも良さそう。美味い。

IMG_4352
秋田こまちIPL。甘味とコクとキレとのバランスが良いのにそれぞれ主張してて美味い!

IMG_4354

そしてなまはげIPA。これも美味い!

IMG_4355



このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


東鳴子温泉の高友旅館の黒湯。
IMG_4657
IMG_4658
IMG_4660
鳴子温泉の滝の湯。野良ネコちゃんが番台で寝てた。
IMG_4681
IMG_4682
んで帰って駅前の居酒屋で。
IMG_4661
IMG_4664
IMG_4665
IMG_4574
IMG_4576
IMG_4577
賄いだろうおにぎりが一番美味そうなんだけど。
IMG_4578
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

入れると少し焦げた香りがし、直後に少しキャラメルに似た甘い香りもする。口に含むと、まろやかな口当たりがし、その中からほんのりフルーティーな酸味を感じて口内に広がる。その後にしっかりとした苦味が広がり長く残る。たまにバターやナッツの香りが鼻腔をぬける。苦味はバターっぽい風味のおかげでなめらかな苦味になってる。美味い。

IMG_4579



このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

入れると最初は木の実のような酸っぱい香りがするが、落ち着くとビターチョコのような落ち着いた甘い香りを感じる。口に含んでも同様に、うっすらと木の実のような酸味を感じるが、同時に酸味を包むように苦味とコクと甘みとがバランス良く現れる。酸味はコクなどと混ざる事でヘーゼルナッツのようなフレーバーになり、コクはビターチョコを思わせるものになる。

IMG_4549



このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

去年、現地訪問したけど飲めなかった鳴子温泉ブルワリーにリベンジ再訪してきました。

IMG_4586

まずは高原ラガー。色は薄めの黄金色でSRM45くらい。透明度は高い。泡立ち泡持ちはふつうかも。口に含むと、カーボネーションの刺激も手伝ってか、しっかりとした苦味をうっすらと、けどしっかりと感じる。独特な甘みもある。瓶で飲むのと味が違う。こっちはこっちで美味い。
IMG_4581
ゆきむすびエール。色は薄い黄色でSRM3くらい。透明度は高く泡立ちは良いが泡持ちは弱めなやつかも。口に含むと、シャンパンに似た甘くフルーティーなフレーバーを感じる。カーボネーションの刺激も1つ1つは強く無いがきめ細かい感じで感じる。ブドウのような甘みと、そらとは違う濃いめの甘みを感じるが、軽やかでドリンカブル。美味い。
IMG_4582
左はやまぶどうエールで右は夏季限定のパイナップルエール。まずやまぶどうは、色は赤みがかった薄めの琥珀色。泡立ちは良いが泡持ちは少し弱めかも。以前、瓶で飲んだ時は発泡酒にしては泡持ちが良いなと思った記憶があるが個体差があるのだろうか。口に含むとファンタグレープの味。こういうのを飲みたくなる時がある。美味い。次にパイナップルは、泡立ち泡持ちは共にやまぶどう並みで、色は薄い黄色のSRM3くらい。透明度は高い。口に含むと、パイナップルジュース。美味い。
IMG_4583
どれにも言えるけど、瓶でベストコンディションで飲むのと、現地で樽生を飲むのとで味が違って楽しさ倍増!良き!
IMG_4585
IMG_4584


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ