クラフトビールと盆栽の日記@高知

地ビール協会認定・ビアテイスター、ビア&スピリッツ協会認定・ビアアドバイザーのブログ。 飲んだビールのメモ帳&趣味の盆栽の観察日記です。 ※ビアスタイルガイドラインに沿った評価はしていません。

2021年08月

色は綺麗な黄金色でSRM6くらい。透明度は高く泡立ち泡持ちともに良い。グラスに注ぐとモルティーな香りとスッとしたアシッドリーな香りとが同程度する。口に含むと、スッとした爽快感を同程度ある苦味と酸味とによって感じ、その裏でコクを感じる。その後、フィニッシュにかけてコクが主張してきて、それを損なわないように苦味がモルティーさを損なわないように仕事してる感じ。今年はモルティーさを損なわないように爽快さを出そうと頑張った感じ?美味い。

IMG_4797



このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


たまたまスーパーで数種類のスーパードライを売っていたので買って飲み比べてみた。

IMG_4801

まずスーパードライは、昔は気付かなかったけど米とコーンスターチ由来なのか奥行きのあるコクと風味がある。苦味やカーボネーションによるキレ感とドライ感は後からジュワッ!と全体のバランスをとりながら強くなる。そして後口に再度コーンスターチなどの旨味を感じる。もしかしてチンカチンカに冷やすよりもそこそこ冷やした方がキレ感ドライ感を感じやすいのだろうか。飲み進めるたびにキレとドライ感を感じやすくなった。
IMG_4803
次に瞬冷辛口。スーパードライよりも速くキレ感ドライ感を感じて長く持続するけど味の奥行きが少なく薄い感じがする。だけど第三のビールみたいに口に入れた瞬間だけ味を感じて奥行きが全くない薄い感じではなく、きちんとモルトの風味はある。液温が高くなるとモルト感が増してくる。たしかに瞬冷と銘打つだけあってすぐにキレとドライ感を感じ最後まで残るし、液温が上がっても感じる。名に違わぬビール。
IMG_4804
次にジャパンスペシャル。先の2つと大きく異なって風味が膨よか。ブドウのようなホップの風味とモルトの旨味をよく感じ、それを邪魔しないようにスーパードライらしいキレ感ドライ感をしっかりと感じる。
IMG_4806
最後に豊潤。先の3つに比べて甘みが強く、かといって甘ったるい訳でもなくて甘味と同時に苦味キレやコクやドライ感も感じる。全体的に濃いけどバランス良くドライ感も活きている。美味い。
IMG_4807






このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

色は黄色でSRM4くらい。透明度は高く泡立ち泡持ちは良い。口に含むとシークアーサーの爽やかな香りを良く感じる。コクキレ苦味甘味いずれもしっかりとあり、柑橘の白川の風味もある。

IMG_4808


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

仙台七夕祭りとさんさ踊りが無いか。
IMG_4818
各県の米を使ってるとのこと。
IMG_4819
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

青森県の深浦町にある黄金崎不老不死温泉に行ってきました。
IMG_4366
この温泉は、夕陽による黄金色の光に包まれて入れる露天風呂があることで、数多くの旅番組で取り上げられた名湯。露天風呂が遮蔽物のない海岸ふちにあり、かつ太陽が沈む西側にあるので、夕暮れ時に夕日に包まれながら入湯出来るのです。ですが皆が入れるわけではなく、肝心の夕方には宿泊者しか入れないので、今回は宿泊して入ってきました。
IMG_4365
チェックインまで時間があったので近くを自転車でプラプラしました。日本海が美しい。遠くにうっすらと見えるのはロシアか?んな訳ないか。
IMG_4367
さて、チェックインして今日泊まる部屋へ。写真じゃ狭く見えるかもしれないけど意外と広い部屋でした。
IMG_4369
窓からは日本海が臨めます。
IMG_4368
ウミネコが飛んでいます。
IMG_4371
さて、お目当ての露天風呂に行く前に内湯を楽しみましょうか。内湯は新館と本館にそれぞれ男女別のものがあり、また新館の内湯には露天風呂(お目当ての露天風呂とは別物)も付いています。
IMG_4372
泉質は含鉄ナトリウム塩化物強塩泉とのこと。たしかに鉄と塩の香りがメチャメチャする。これはスゴイ!と期待しながら入ると、その瞬間に肌にヒリヒリとした激痛が!どうやら泉質が肌に合ってないみたい。そんな、せっかく青森まで来たのに入れないなんて...
IMG_4374
これは真水を沸かした風呂とのこと。こっちに入ると何ともないから、やはり泉質が肌に合ってないみたい。残念。
IMG_4373
内湯に併設されてる露天風呂。日本海を眼前に臨めます。こっちの湯の方が内湯よりも濃い気がするんだけど気のせいだろうか。それにしてもメッチャ鉄と塩の匂いがする。有馬温泉の金泉よりも濃い鉄の匂い。もちろん色も肌ざわりも濃い。すげえ。
IMG_4376
ん?海の一部が茶色いぞ?
IMG_4378
ま、まさかあのほったて小屋みたいなのがお目当ての露天風呂か?そしてあの茶色いのは温泉が海に流れ出してるのか?スゴイ!メッチャ景色よさそう!これは肌に合わなくても無理して入る価値がありそうだ!
IMG_4377
つーこって、新館から本館に移動し、本館の内湯でかけ湯をした後に、海岸へ出てお目当ての露天風呂へ。残念ながら露天風呂は写真撮影厳禁だったので宿のHPから写真を拝借。こんな感じで眼前に海が広がっています。メッチャ良い景色!そういえば南紀白浜にも崎の湯という海岸縁にある露天風呂があるけど、こっちの方は見渡す限り海と海岸線なので、また違った迫力があります。
IMG_4385
そして夕方にはこれですよ。たしかに黄金色に包まれて入れました。絶景かな絶景かな!
IMG_4386
さあ、風呂上がりに晩飯です。この宿は網元が親戚なので新鮮な魚介類を提供できるのもウリとのこと。
IMG_4382
晩飯を終えて部屋に戻り、海音を聴きながらゆっくりと過ごします。無料wifiが飛んでるのでパソコン触ってたんですが、机の上に備え付けの小説があるのに気付いたので、酒飲みながら読んでしまいました。
FullSizeRender
翌朝、再度海岸の露天風呂に入り、最後に新館の内湯へ。こっちは昨日女湯だった浴室。
IMG_4387
そして朝食はバイキングで。
IMG_4389
いやー、泉質が肌に合わなかったのは残念だけど、絶景を堪能できたからそれだけでも良し。大満足でした。
IMG_4419





このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

青森県の八甲田山にある酸ヶ湯温泉に行ってきました。この温泉は約300年の歴史のある温泉で、国民保養温泉第1号になった温泉でもあります。また、棟方志功が愛した温泉でもあり、館内の至る所に彼が残した作品が展示されています。
IMG_4742
ロビーには青森らしくミニねぶたが。他にも八甲田山に生息している動物たちの剥製がたくさんありました。
IMG_4744
八甲田山から湧き出ている清水とのこと。ちなみにこの温泉は映画八甲田山の撮影時にロケ基地になっていたそうです。
IMG_4745
有名な名物のヒバ千人風呂。160畳ほどもある巨大な総ヒバ造りの混浴大浴場です。4つの浴槽があり、それぞれが別源泉で、泉質はどれも酸性含二酸化炭素・鉄・硫黄・アルミニウム硫酸塩塩化物泉とのこと。いずれも照明のない室内のためか少し黒ずんだ乳白色に見えました。
IMG_4746
浴場は写真撮影出来なかったので宿のHPから拝借。手前が熱湯で、奥が四分六分の湯、四分六分の湯の横に壁から小さく滝のように湯が落ちているのが鹿の湯で、さらにその手前に小さくあるのが冷の湯です。熱湯は名前と違ってぬるいけど体がゆっくり芯からあったまる湯で、その逆に四分六分の湯は直ぐに体が熱くなる湯でした。
IMG_4798
肌触りは少しヌルッとしてるけどサラサラした感じ。残念ながら泉質が肌に合ってないようで、入って数分経つと体がヒリヒリしてきました。それにしても総ヒバ造りの天井が見事。柱一つ無いのによく支えられてるね。この浴場を眺めに来るだけでも価値があります。
IMG_4799
大浴場を後にして男女別にある内湯の玉の湯へ。
IMG_4743
こちらも泉質は大浴場と同じみたい。大浴場にはシャワーやカランが無かったけどこちらにはありました。
IMG_4800
帰りに売店に寄って酸ヶ湯温泉オリジナルビールを買って帰りました。作ってるのは住職の傍らバイコードリンクという醸造所を運営している佐々木さん。まるで日本版トラピストビールですな。
IMG_4754





このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

鳴子温泉郷の鬼首温泉にある吹上温泉峯雲閣に投宿しました。
IMG_4587
この宿は天然の滝に温泉が流れ出ており、その温泉へ期間限定で入れることで有名。また静かな山村のさらに奥にあるので静かにのんびり過ごせる温泉宿としても有名です。
IMG_4589
玄関前には紫陽花や出猩々や山紅葉が。もうこの時点で癒やし効果バツグンです。秋になると山紅葉と出猩々の紅葉が凄そうです。
IMG_4590
温泉は内湯・露天風呂・滝風呂があり、内湯は男女別ですが露天風呂と滝の湯は混浴になっています。ちなみに女性は露天風呂に湯浴みを着て入ることが出来るなど配慮がされています。この写真は男性の内湯で、窓から露天風呂と滝の湯が眺められます。※本当は写真撮影厳禁なのですが宿泊客が一人だけだったので撮影許されました。
IMG_4591
これは露天風呂。25メートルプールくらいの広さがあります。手すりの向こうは川になっており、小川のせせらぎを聞きながら入浴出来るし、湯船に入って天を仰いだり川の木々を眺めれば、日に照らされた美しい紅葉の新緑を眺められて癒し効果抜群でした。
IMG_4592
泉質は単純温泉とのこと。湯温は天気や外気温によって変わりますが、この日はちょい熱でした。おや?右側に謎の穴がありますね?
IMG_4605
いったい何の穴なんでしょう?
IMG_4601
入ってみますか...。
IMG_4602
中に入ると一畳くらいの床のある空間がありました。壁には松島の瑞巌寺にあるようなくり抜かれた箇所があり、まるで修行場のような雰囲気。温泉の湯は洞窟の奥まで引かれてるけど一畳くらいの床の手前で途切れており、洞窟内は昼間だと蒸されるので、もしかして蒸し風呂なのかな?
IMG_4603
しかし一体何のための洞穴なんだろう?やはり蒸し風呂?それとも大昔に修行僧が悟りを開くために使ってた洞穴?正解は、この後すぐ!
IMG_4604
露天風呂の前を流れている小川です。川から白い湯気が出ているんだけど、一体何故なんだろう?
IMG_4615
その答えはこれ!なんと滝から河原に温泉が流れているです!実は滝の上流に温泉が湧出している間欠泉があり、6月半ばから10月頃までは人が入れるくらいの湯温になるので、その期間限定で滝の温泉を開いているそうです。ちなみに天然の滝&河原なので足裏が敷石(敷いてはないか)で痛い!けど気持ち良い!
IMG_4600
絶景かな!絶景かな!滝壺まで行くと肩まで浸かれます。ちょうど目の前の辺りにも小さな温泉の噴出口があるみたいでメッチャ熱かった。
IMG_4599
白い建物は内湯のある建物です。
IMG_4597
ここに保たれて入ると楽チンでした。
IMG_4613
山紅葉に覆われてる滝の温泉。癒やし効果抜群です。秋に入るといっそう凄そう。
IMG_4595
日に照らされて透き通った山紅葉の葉がキレイでした。
IMG_4612
実はこのポスターの撮影地がこの温泉とのこと。当日は湯温が47度もあったそうです。よく入れたね!
IMG_4611
夕食です。山菜と魚多目の料理です。お酒は宿の近くにある鳴子温泉ブルワリーのビールを注文(それだけじゃ足りないので黒ラベルも)。
IMG_4609
で、これは朝食。仙台名物笹かまぼこ、自家製造の温泉卵、山菜料理が美味い。山形の出汁を初めて食ったけど冷奴と一緒に食べたら美味そう。
IMG_4617
で、先に書いた洞窟なんですが、修行場でもなんでもなかったです。なんでも昔、露天風呂のところで養鶏場をしており、その時の名残だそうです。
FullSizeRender
宿を後にし、宿のすぐ近くにある地獄谷遊歩道に行ってみます。
IMG_4645

遊歩道の道中には大小様々な間欠泉があり、これもブシャー!っと音を立てながら温泉を吹き出していました。
IMG_4625
雷の湯。ゴブァァァーー!!!とけたたましい爆音を轟かせながら温泉が湧出していました。
IMG_4628
温泉卵を作れるみたい。
IMG_4627
IMG_4631
雷の湯を少し進むと、紫地獄が登場。
IMG_4637
ブシュー!!っと爆音を立てながら温泉が15メートルくらいの高さまで噴出していました。
IMG_4633
玉子臭が漂ってます。いい匂い。
IMG_4640
しかし空気が熱い!
IMG_4636
遊歩道を後にして。これまた近くにある間欠泉へ。こちらは遊歩道と違って有料の観光施設になってます。
IMG_4656
ここの間欠泉は遊歩道みたいに常時噴出してるのではなく、15分間隔などで噴出します。
IMG_4646
IMG_4649
IMG_4652
IMG_4654
足湯。
IMG_4650

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

鳴子温泉郷の鳴子温泉にある鳴子観光ホテル源蔵湯に行ってきました。IMG_4689
鳴子観光ホテルは江戸時代から経営している温泉宿で、当時は源蔵という名前で経営していたそうです。当時から館内にある自家源泉の温泉は源蔵湯と名付けられており、その名は東北一円にまで広がっていたとかなんとか。
IMG_4687
で、これが今の源蔵湯。男性浴場になっています。このホテルには源蔵湯の他に静香湯という女性浴場もあり、それぞれ檜の半露天風呂がある他、貸切風呂が3つもあります。
IMG_4683
源泉掛け流しの温泉の泉質は、含硫黄ナトリウム硫酸塩炭酸水素塩泉で低張性中性高温泉とのこと。日によって白濁したりエメラルドグリーンの湯になるそうです。この日の源蔵湯は少し白濁したエメラルドグリーンでした。
IMG_4686
半露天風呂。こちらは近くの滝の湯のように白濁してました。ほんのり玉子臭のする温泉で最高でした。
IMG_4684
檜の浴槽にこびりついてる湯の華が温泉の質の高さを表してますね。
IMG_4685




このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

青森県の名湯・酸ヶ湯温泉のオリジナルビール。作っているのはバイコードリンクの佐々木真萠さん。スタイルはピルスナーとのことだが、色は銅色でSRM14くらい。透明度は低く泡立ちは良いが泡持ちは弱く、うっすらと表面に残る。グラスに注ぐと、モルティーな甘い香りをメインに少しリンゴのような甘酸っぱそうな香りも感じる。口に含むとアロマと同様なフレーバーで、アロマよりも少し強く酸味を感じるが、モルティーな甘さがそれを中和する。苦味とキレ感はそれらよりも少し弱い。ピルスナーと言うよりはアンバーラガーやメキシカンラガーに近い味のような気がする。まあ美味いことには違いないけど。原料にリンゴは入ってないけど、ホップとモルトと発酵との関係でリンゴの風味が出るんだと思う。さすが青森産のビールだぜ。

IMG_4754


IMG_4755

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

サッポロの株を3年持ってないと貰えない株主優待ビール。今年はソラチエースを一部使ったビールとのこと。色は黄金色でSRM5くらい。透明度は高く泡立ち泡持ちは良い。グラスに注ぐとミカンのような柑橘の香りがする。口に含むと、ソラチエースという名前から強めの白皮のコクと柑橘香と苦味とを想像したけど、温州みかんを思わせるフルーティーさと柔らかな苦味と酸味を感じる。柑橘の白皮な風味もあるが穏やかで、カーボネーションの刺激も穏やか。全体がまとまってる。美味い。

IMG_4752


IMG_4753

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ