クラフトビールと盆栽の日記@高知

地ビール協会認定・ビアテイスター、ビア&スピリッツ協会認定・ビアアドバイザーのブログ。 飲んだビールのメモ帳&趣味の盆栽の観察日記です。 ※ビアスタイルガイドラインに沿った評価はしていません。

2022年11月

日本のビールの生みの親・中川清兵衛の生誕地に行って来ました。
場所は新潟県長岡市の与板町。与板町はあの直江兼続が治めた街で、江戸時代には井伊家が藩主となった街です。その街のど真ん中に中川清兵衛生は生まれました。
IMG_2278
中川清兵衛は1848年に藩の御用商人を務める家の分家に長男として誕生しました。訳あって本家の後を継ぐために修行していたところ、詐欺師に騙され商売に大打撃を与えたため勘当され横浜に単身旅立ちます。この時17歳です。
IMG_2276
横浜からイギリスに密航し現地で召使いとして働いていた所、西洋視察に来ていた青木周蔵に出会い、ドイツのベルリン醸造所ティボリ工場で働くよう斡旋され、そこで2年間修行しブラウマイスターの免許を取得。日本に帰国し、国の殖産興業および札幌開拓使事業の一環として計画されたビール醸造事業の実質的責任者として活躍します。ちなみにこの時設立された札幌開拓使麦酒は現在のサッポロビールです。
IMG_2277
生誕地は現在は駐輪場になっています。
IMG_2279
生誕地から少し離れたところにある記念館にも行きました。これは記念館の隣にある寺の門。元々は与板城の大手門だったそうです。
IMG_2280
IMG_2281
記念館の前にある直江兼続の銅像。
IMG_2282
IMG_2283
IMG_2284
記念館です。
IMG_2285
IMG_2286
館内には様々な説明板や展示品がありましたが写真撮影禁止でした。が、唯一これだけ写真撮影OKでした。全長1.5メートルはありそうです。
IMG_2287
このビールの存在はずっと昔から知ってて何故に新潟限定なのか謎でしたが理由がわかりました。
IMG_2290
記念館の近く、川沿いにある中川清兵衛記念バーベキュー&ビアガーデン。訪問したのがたしか10月始めとかだったので当然閉まってました。
IMG_2293
この場所ではないですが、毎年7月下旬に役場前駐車場で中川清兵衛ビールフェスタが開催されているそうです。
IMG_2292
ビアガーデン会場に沿って良寛の歌碑もあります。
IMG_2291
せっかく長岡に来ているので、長岡の偉人である山本五十六の記念館にも行きます。
IMG_2295
館内はもちろん写真撮影禁止でした。中にはブーゲンビル島から回収した山本五十六搭乗の一式陸攻の翼が展示されていました。超貴重。
IMG_2294
記念館の一筋隣にある生家跡と公園。
IMG_2296
IMG_2298
IMG_2303
IMG_2306
意外と小さい?
IMG_2299
玄関です。この真上の2階の部屋が山本五十六の部屋だったそうです。
IMG_2300
それがここ。
IMG_2302
生家を裏から。
IMG_2309
せっかく現地に来たので『風味爽快ニシテ』を飲みます。グラスのロゴがノーマルなのが残念ですけど中は間違いなく風味爽快ニシテです。
IMG_2333
美味い。
IMG_2334
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

色は橙色でSRM78くらい。透明度は高く泡立ち泡持ちは良い。グラスに注ぐとほんのりモルティーさをベースに柑橘のアロマを感じる。口に含むと、クッキーに似た重い香ばしさをベースにほんのり感じたと思ったら、それを消すようにスパイシーさと苦味とを感じ鼻腔にフラワリーなアロマとシトラシーなアロマとがぬける。こう書くと角が立ってるような味かと思うだろうが結構まろやかにまとまってる。

IMG_2776





このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ヘイジーIPA。色は濁った橙色でSRM7くらい。透明度は低く泡立ち泡持ちは良さそう。グラスに注ぐとシトラシーかつフラワリーなアロマを感じるが、その裏にグラッシーなアロマもある。口に含むと、口当たりがスムースでスルスルと流れ込み、鼻腔にほんのりと温州みかんや金柑のような柑橘のアロマがぬけてるなと思ったら、口内ではほんのりと甘味とグラッシーな苦味を感じる。美味い。

IMG_2774






このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

茨城県守谷市の市政20周年記念ビール。ホップは市内の協力施設で栽培されたものを使っているらしい。色は濃いめの橙色でSRM89くらい。透明度は高く泡立ち泡持ちは良い。グラスに注ぐとメロンのようなフルーティーなアロマと飴のような甘いアロマとを感じる。口に含むと、濃い飴のような甘味とまったりさを感じ、その裏にしっかりとした苦味を感じて口内は爽快になる。イングリッシュエールやESBのようなフレーバーで美味い。

IMG_2771


IMG_2772




このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

色は橙色でSRM7くらい。透明度はあるが気持ち低いかも?泡立ち泡持ちは良さげ。グラスに注ぐと独特なブドウに似た甘いアロマを感じるけどあれがキヌアの香りなんだろうか。口に含むと、ブルーベリーに似たフルーティーなフレーバーと苦味とキレとを同程度感じる。キレが良いのでライトボディに感じるけどほど良く飲みごたえもある。美味い。

IMG_2764






このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

色は黄金色でSRM6くらい。透明度は高く泡立ち泡持ちは良い。グラスに注ぐとヱビスザホップのような瑞々しく軽やかなアロマを感じる。口に含むと、じわじわとしたキレと苦味とを感じ、同時に鼻腔にアロマ同様な香りに加え松やソテツのような香りがする。少し鉄のような味もするかも。美味い。

IMG_2769


IMG_2770




このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

レインボーブリッジを自転車で走ってきました。
IMG_2742
何故そんなことが出来たのかと言うと、こんな↓イベントがあったのです。うろ覚えだけど多分8月くらいにイベント告知と抽選制の仮申込みがあって、どうせ外れるだろうな〜と思いつつ酒の勢いで申し込んだら9月に当選の連絡が。参加費が微妙に高いけど、なかなか走る機会が無いだろうから本申込みしました。
IMG_2759
参加したのはロングコース(ロングと言っても30キロしか無いですけど)。お台場のフジテレビ側をスタートしてレインボーブリッジを渡り、折り返して森の海というエリアへ。そしてそこを2往復してシンボルプロムナード公園へ行ってゴールというコースです。
IMG_2760
受付とゴールのあるシンボルプロムナード公園。朝6時から受付開始でした(なので有明のホテルに前泊しました)。車検でリアリフレクターを忘れているのに気付き危うく出走停止になる所をスタッフにお借りして事なきを得ました。ありがとうございました。
IMG_2741
前日は暖かくて晴れていたのに、この日は雨天かつ真冬並みの気温。開会式に来ていた小池百合子知事が『わたし晴れ女だけど今日は雨だね〜』と言っていたらしいんで、よっぽど酷い雨男か雨女が参加したんだと思う(ちなみにワシも大概晴れ男)。
IMG_2739
受付からスタートの待機場所へ移動です。一定数の集団で走るようで、事前に決められた集団順に並んで待機します。眼前にはお台場とレインボーブリッジ、遠くに東京タワーが。それらを眺めつつ風雨に晒されながら約1時間ほどスタートを待ちます。周囲の参加者は寒がってましたがワイは冬用ウェアにレインスーツ(たぶんレインスーツの保温効果がデカい)のお陰で全く寒くありませんでした。短レーパン参加のあんた、そりゃ寒いやろ。
IMG_2745
背後にはフジテレビが。
IMG_2744
最近の自転車に詳しく無いので分からないんですが、多分めちゃめちゃ高い自転車だらけでした。
IMG_2747
スタート地点です。写真を撮ろうと思ったらスタートしだして焦りました!
IMG_2748
ここから走行中は立ち止まりや走行中の写真撮影禁止(ゴープロとかはOK)だったので写真は無し。けど間違いなくレインボーブリッジを走りましたよ。あ、こういう時は『室井さ〜ん、レインボーブリッジ封鎖できたよ』と言うべきか!そして森の海にある休憩所へ。けど多分アベ20キロほどで走ってるので休憩する必要もなくただただボーッと出走順を待ちます。
IMG_2750
そしてゴールへ。木々に隠れてユニコーンガンダムが見えますね。やっとアップが終わった感じなのにもう終了です。どうせ走るなら100キロほど走らせて欲しかった。いやまあ楽しかったですけど。
IMG_2754
受付場所でお土産のTシャツとサコッシュなどを貰います。奥に船の科学館が。色々みて回りたかったのですが、実はホテルのチェックアウトをしておらず、かつホテルでシャワー浴びて着替えたいのでさっさと後にすることにしました。
IMG_2755
ホテルへの帰路で見つけたドラえもん。
IMG_2751
と、のび太くんとしずかちゃん。
IMG_2753
泊まったホテルから見られた夜景。東京ビッグサイトが眼前にある部屋でした。
IMG_2738
大会前日に撮ったユニコーンガンダム。
IMG_2722
決まった時間に覚醒して動きます。
IMG_2723
お台場とレインボーブリッジ。前日はこんなに良い天気だったのに...
IMG_2727
まあ楽しかったですわ。それにしても新調したホイールがよく回るようで漕がずにかつ空気抵抗減らす姿勢を取らなくても勝手にスイスイ進んで前走者に追いつくから楽でした。DTスイスのPR1400ダイカット21オキシックスええやん。
IMG_2729
そういえば参加賞的なもので都内の銭湯5ヶ所に無料で入れるクーポンコードをもらいました。妙法湯は決まりとして後の4ヶ所はどこにしよう。アーニャわくわく。
FullSizeRender
FullSizeRender







このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

20133月ぶりに現地訪問。翌日(11/23)にレインボーライドするついでに飲んできました。

ペールエールは以前同様の感想。ウィートは前回はベルジャンみたいと感じたようだけど今回は全く違ってバイツェンとアメリカンウィートを混ぜた感じ?

IMG_2730

右がメープルスウィートエールで左がアメリカンダークウィート。まず右は色は飴色でSRM78くらい。透明度は高い。香りをかぐと蜂蜜の甘い香りとパンのような香ばしい香りとをどちらもうっすらと感じるかな?口に含むと、アロマよりもはっきりと蜂蜜の甘みをチョイローストしたっぽいモルトの苦香ばしい風味と共に感じる。ボディはライトだが苦味とカーボのキレが比較的強めなので、甘香ばしさを重たく感じずイイ感じに飲めて良い。次に左は色は濃いめの橙色でSRM9くらい。口に含むと、ほんのりラズベリーの甘酸っぱさと苦味とを同程度柔らかく感じる。ふつうな感じだけどウマイ!
IMG_2731
左がIPAで右が山椒IPAIPA美味い。山椒IPAは色は明るめの銅色でSRM10くらい。透明度は高い。山椒の切れによる冷涼感がほんのりありつつアンバーエールに近い苦香ばしさがあるかも。良き。
IMG_2732
左がアンバーエールで右がインペリアルスタウト。
IMG_2733




このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

色は濃いめの橙色でSRMは8くらい。透明度は低く泡立ち泡持ちはふつう。グラスに注ぐとほんのりオレンジのアロマをオイリーに感じる。口に含むと、鼻腔に完熟したオレンジ、マンゴー、玉ねぎの風味がぬけ、口内ではオイリーで何故かアルコール感とは違うまったりさも軽くうける。同時に苦味もまったりさの裏に感じる。恐らくIBUはかなり高だけど甘みとアルコール感とでニガニガしく感じないんだと思う。けど玉ねぎ感はほんのりするのでホップマシマシ苦ニガなんだろうなという印象的はくる。美味い。

IMG_2558





このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

巻風エールは黄金色でSRM5くらい。透明度は高い。香りをかぐとほんのり酵母の香りを感じる。口に含むと、飲みすぎてる影響だろうがまるでモルトエキストラクトで作ったような風味。グラッシーさがあるけど苦味やモルト感とチグハグで目立ってる気がする。いや美味いけど。お次に巻風IPA。巻風エールと比べると少しボディ増しで感じるけどそんなに大きく違わない。恐らく試行錯誤中なんだと思う。これはこれで美味く飲める。

IMG_2645





このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ