クラフトビールと盆栽の日記@高知

地ビール協会認定・ビアテイスター、ビア&スピリッツ協会認定・ビアアドバイザーのブログ。 飲んだビールのメモ帳&趣味の盆栽の観察日記です。 ※ビアスタイルガイドラインに沿った評価はしていません。

カテゴリ:ビール > おすすめのビールのお歳暮

今年もお歳暮の時期が近づいてきましたね。





私、お歳暮で贈る&貰うのなら、クラフトビール・地ビールが良いと思うんです。





というのも、普通のビールよりプレミアム感があるし、その土地独特の「らしさ」が出てて、贈り主の元気な姿を思い浮かべられるから。お歳暮をもらう方としては、珍しくて良いものを貰えると嬉しいし、なにより贈り主の住んでる地域や元気な姿を連想できるので嬉しいんですよね。なので、地域らしさがあって珍しいクラフトビール・地ビールを貰うのって喜ばれると思うんです。※もっと詳しく理由を知りたい方は「2018年 おすすめの「お歳暮」の選び方 」を見てね。





で、沖縄のクラフトビール・地ビールでおススメなのはこれ↓





【ヘリオス】

1996年からヘリオス酒造が製造しているビールです。過去に受賞経験のある老舗ブルワリーで、地元特産のゴーヤーを使ったゴーヤードライなどで有名です。



【サンゴビール】

沖縄県南城市にある「おきなわワールド 文化王国・玉泉洞」内にある「南都酒造所」で2001年よりつくられています。当初はニヘデビールというブランド名で作られていました。



【石垣島ビール】

1997年に石垣市に開業したブルワリーです。地ビール解禁前より醸造準備に取り組んでいた老舗ブルワリーです。
























このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

今年もお歳暮の時期が近づいてきましたね。





私、お歳暮で贈る&貰うのなら、クラフトビール・地ビールが良いと思うんです。





というのも、普通のビールよりプレミアム感があるし、その土地独特の「らしさ」が出てて、贈り主の元気な姿を思い浮かべられるから。お歳暮をもらう方としては、珍しくて良いものを貰えると嬉しいし、なにより贈り主の住んでる地域や元気な姿を連想できるので嬉しいんですよね。なので、地域らしさがあって珍しいクラフトビール・地ビールを貰うのって喜ばれると思うんです。※もっと詳しく理由を知りたい方は「2018年 おすすめの「お歳暮」の選び方 」を見てね。





で、鹿児島のクラフトビール・地ビールでおススメなのはこれ↓





【霧島高原ビール】

このビールは1995年から鹿児島空港そばの「バレルバレー」にて醸造販売されています。本体の会社は、近代焼酎の父・河内源一郎が建てた錦灘酒造で、バレルバレーにはビールのブルワリーの他に焼酎工場、麹菌工場もあっていずれも見学ができます。以前、現地で飲んだのですが、チェコの製法を活かした質の高いビールばかりで非常に美味かった記憶があります⇒「【クラフトビール探訪・その82】鹿児島:霧島高原ビール



鹿児島にはこの他に、城山ブルワリー、花渡川ビールなどがありますが、流通が限られているため入手困難です。その点、霧島高原ビールは生産量も多いため県外発送に適しています。県外の親戚や知り合いに鹿児島の特産品として贈られるのに最適です。
























このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

今年もお歳暮の時期が近づいてきましたね。





私、お歳暮で贈る&貰うのなら、クラフトビール・地ビールが良いと思うんです。





というのも、普通のビールよりプレミアム感があるし、その土地独特の「らしさ」が出てて、贈り主の元気な姿を思い浮かべられるから。お歳暮をもらう方としては、珍しくて良いものを貰えると嬉しいし、なにより贈り主の住んでる地域や元気な姿を連想できるので嬉しいんですよね。なので、地域らしさがあって珍しいクラフトビール・地ビールを貰うのって喜ばれると思うんです。※もっと詳しく理由を知りたい方は「2018年 おすすめの「お歳暮」の選び方 」を見てね。





で、熊本のクラフトビール・地ビールでおススメなのはこれ↓





【不知火海浪漫麦酒】

1997年から熊本県水俣市で醸造販売しているビールです。醸造しているのは福田農場ワイナリーで、「湯の児スペイン村」の中で醸造し提供しています。以前、現地で飲んだのですが、どれも美味かった記憶があります⇒「【クラフトビール探訪・その85】熊本:福田ブルワリー・不知火海浪漫麦酒



熊本には以前、阿蘇ビールや肥後地ビール等がありましたが、今は不知火海浪漫麦酒と熊本クラフトビールしかありません。不知火海浪漫麦酒は希少性の高い地元特産のビールなので、県外の親戚や知り合いへの贈答品にピッタリです。
























このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

今年もお歳暮の時期が近づいてきましたね。





私、お歳暮で贈る&貰うのなら、クラフトビール・地ビールが良いと思うんです。





というのも、普通のビールよりプレミアム感があるし、その土地独特の「らしさ」が出てて、贈り主の元気な姿を思い浮かべられるから。お歳暮をもらう方としては、珍しくて良いものを貰えると嬉しいし、なにより贈り主の住んでる地域や元気な姿を連想できるので嬉しいんですよね。なので、地域らしさがあって珍しいクラフトビール・地ビールを貰うのって喜ばれると思うんです。※もっと詳しく理由を知りたい方は「2018年 おすすめの「お歳暮」の選び方 」を見てね。





で、宮崎のクラフトビール・地ビールでおススメなのはこれ↓





【ひでじビール】

1996年から宮崎県延岡市で醸造している老舗ブルワリーです。創業当時より数々の大会で受賞経験のある名ブルワリーで、作るビールはブルワリーのそばでとれる「行縢山水」という花崗岩で磨かれた地下湧水を仕込水に使い、完全自家培養した出来の良いエリート酵母だけをつかって醸造しています。



【霧島ビール】

1998年に宮崎県都城市に設立されたブルワリーで、本体は芋焼酎「霧島」で有名な蔵元・霧島酒造です。作るビールは都城盆地の地下岩盤の割れ目から湧き出す天然湧水「霧島裂罅水」を仕込水に使い、イギリス人ブルワー直伝の醸造技術でもって醸造しています。



宮崎にはこの他に、青空エール、日南麦酒などがありますが、いずれも醸造量が少なく現地でしか飲めません。県外の親戚や知り合いへの贈答品としては、ひでじビールと霧島ビールがおすすめです。


























このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

今年もお歳暮の時期が近づいてきましたね。





私、お歳暮で贈る&貰うのなら、クラフトビール・地ビールが良いと思うんです。





というのも、普通のビールよりプレミアム感があるし、その土地独特の「らしさ」が出てて、贈り主の元気な姿を思い浮かべられるから。お歳暮をもらう方としては、珍しくて良いものを貰えると嬉しいし、なにより贈り主の住んでる地域や元気な姿を連想できるので嬉しいんですよね。なので、地域らしさがあって珍しいクラフトビール・地ビールを貰うのって喜ばれると思うんです。※もっと詳しく理由を知りたい方は「2018年 おすすめの「お歳暮」の選び方 」を見てね。





で、大分のクラフトビール・地ビールでおススメなのはこれ↓





【久住高原地ビール】

2011年から大分県竹田市にある「くじゅう水泉郷 地ビール村」で作られているビールです。前身は1997年に誕生したブルワリーでしたが事業譲渡等により現在に至っています。つくるビールは、くじゅう連山を源とする久住高原の伏流水を地下から汲み上げた天然水を仕込水に使っており、いずれも芳醇でありつつも澄んだ味に仕上がっています。



大分にはこの他にゆふいん麦酒がありますが、久住高原地ビールは地元ゆかりの商品コンセプトで作られている品があるので、県外の親戚や知り合いへの贈答品にぴったりです。




























このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

今年もお歳暮の時期が近づいてきましたね。





私、お歳暮で贈る&貰うのなら、クラフトビール・地ビールが良いと思うんです。





というのも、普通のビールよりプレミアム感があるし、その土地独特の「らしさ」が出てて、贈り主の元気な姿を思い浮かべられるから。お歳暮をもらう方としては、珍しくて良いものを貰えると嬉しいし、なにより贈り主の住んでる地域や元気な姿を連想できるので嬉しいんですよね。なので、地域らしさがあって珍しいクラフトビール・地ビールを貰うのって喜ばれると思うんです。※もっと詳しく理由を知りたい方は「2018年 おすすめの「お歳暮」の選び方 」を見てね。





で、佐賀のクラフトビール・地ビールでおススメなのはこれ↓





【佐賀クラフトビール・のまんば】

このビールは2003年より「有田ポーセリンパーク」内のみで販売しているビールで、旧ブランド名は「有田麦酒」です。このビールを作っているのは清酒「宗政」や麦焼酎「のんのこ」の蔵元である宗政酒造で、宗政酒造は1998年から佐賀県伊万里市の「伊万里ブルワリー」で「伊万里クラフトビール」を醸造していていました。今回、めったに外販していないこのビールを外販していますが、生産量が少ないので売り切れる前に購入されるのをおすすめします。



佐賀には過去に、さがんビール、伊万里クラフトビールがありましたが、いずれも醸造停止しており、現在、佐賀のクラフトビール・地ビールは佐賀クラフトビールしかなく非常に希少性があります。県外の親戚や知り合いに佐賀の特産品としてお贈りするのにピッタリの品です。






















このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

今年もお歳暮の時期が近づいてきましたね。





私、お歳暮で贈る&貰うのなら、クラフトビール・地ビールが良いと思うんです。





というのも、普通のビールよりプレミアム感があるし、その土地独特の「らしさ」が出てて、贈り主の元気な姿を思い浮かべられるから。お歳暮をもらう方としては、珍しくて良いものを貰えると嬉しいし、なにより贈り主の住んでる地域や元気な姿を連想できるので嬉しいんですよね。なので、地域らしさがあって珍しいクラフトビール・地ビールを貰うのって喜ばれると思うんです。※もっと詳しく理由を知りたい方は「2018年 おすすめの「お歳暮」の選び方 」を見てね。





で、福岡のクラフトビール・地ビールでおススメなのはこれ↓





【門司港レトロビール】

1998年から営業しているブルワリーで福岡県北九州市門司にあります。過去に幾多の賞を受賞している九州を代表するブルワリーの一つです。以前、現地で飲んだのですがさすが受賞経験のあるブルワリーだけあって、どのビールも美味かったです⇒「【クラフトビール探訪・その80】福岡:門司港地ビール工房



【オークラブルワリー】

名門ホテル・オークラの地下にあるブルワリーで1999年から営業しています。以前、現地で飲んだ事があるのですが、どの種類も美味かったきおくがあります⇒「【クラフトビール探訪・その78】福岡:オークラ・ブルワリー」 基本、現地でしか飲めないのですが、今回、期間限定で受注外販をしています。期限は12月18日までですのでこの機会にぜひお試しください。現地以外で飲める機会はめったにないです。



【ブルーマスター】

2002年から福岡市城南区別府で営業しているブルワリーです。地元産のフルーツを使ったビールで有名で、地ビール業界がクラフトビール業界に変化する前からフルーツエールの醸造に精力的に取り組んでいる老舗ブルワリーです。特に有名なのがカボスを使ったカボス&ハニーや、あまおうを使ったあまおうノーブルスイートです。以前、現地で飲んだのですがとても美味かったです⇒「【クラフトビール探訪・その79】福岡:ブルーマスター



福岡にはこの他に、杉能舎麦酒工房と八女ブルワリーがあります。


























このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

今年もお歳暮の時期が近づいてきましたね。





私、お歳暮で贈る&貰うのなら、クラフトビール・地ビールが良いと思うんです。





というのも、普通のビールよりプレミアム感があるし、その土地独特の「らしさ」が出てて、贈り主の元気な姿を思い浮かべられるから。お歳暮をもらう方としては、珍しくて良いものを貰えると嬉しいし、なにより贈り主の住んでる地域や元気な姿を連想できるので嬉しいんですよね。なので、地域らしさがあって珍しいクラフトビール・地ビールを貰うのって喜ばれると思うんです。※もっと詳しく理由を知りたい方は「2018年 おすすめの「お歳暮」の選び方 」を見てね。





で、愛媛のクラフトビール・地ビールでおススメなのはこれ↓





【梅錦ビール】

1994年に愛媛県西条市丹原町に「梅錦ガーデン丹原醸造所」として設立されたブルワリーで、地ビール解禁の際に内免許取得第1号となった老舗ブルワリーです。本業は梅錦ブランドの日本酒を製造している梅錦酒造です。数多くの賞を受賞している名ブルワリーで、伊予柑ピールを使ったブロンシュや、アロマティックエールの評価が高いです。



【道後ビール】

1996年に松山市道後に設立されたブルワリーで、本体は清酒「仁喜多津」を造っている水口酒造です。道後温泉本館そばには直営店があり、そこで飲むことが可能です。



愛媛には他に過去に、大洲麦酒、チロルの森ビールがありましたが、どちらも廃業しました。現在、愛媛の特産品ビールとしておススメできるのは上記2社しかありません。特に、地元産の伊予柑ピールをつかったビールを作っている梅錦ビールがおすすめです。県外の親戚や知り合いに、愛媛の特産品ビールを贈ってみませんか?




























このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

今年もお歳暮の時期が近づいてきましたね。





私、お歳暮で贈る&貰うのなら、クラフトビール・地ビールが良いと思うんです。





というのも、普通のビールよりプレミアム感があるし、その土地独特の「らしさ」が出てて、贈り主の元気な姿を思い浮かべられるから。お歳暮をもらう方としては、珍しくて良いものを貰えると嬉しいし、なにより贈り主の住んでる地域や元気な姿を連想できるので嬉しいんですよね。なので、地域らしさがあって珍しいクラフトビール・地ビールを貰うのって喜ばれると思うんです。※もっと詳しく理由を知りたい方は「2018年 おすすめの「お歳暮」の選び方 」を見てね。





で、香川のクラフトビール・地ビールでおススメなのはこれ↓





【さぬきビール】

1996年に香川県高松市に設立されたブルワリーです。四国を代表する老舗ブルワリーの一つです。創業後数年で撤退するブルワリーが多い中、現在まで操業しているだけあって作るビールは基本に忠実、どれも美味いです。作るビールは創業以来アルトとケルシュで、本場ドイツので作られているアルトとケルシュそのものの美味さです。



香川には上記の他に、まめまめビールミロクビールなど計5社がありますが、さぬきビール以外は製造量・流通量ともに非常に少なく現地で飲んだ際に購入するしか入手方法がありません。県外の親戚や知り合いへの贈答品には、さぬきビールがおススメです。




























このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

今年もお歳暮の時期が近づいてきましたね。





私、お歳暮で贈る&貰うのなら、クラフトビール・地ビールが良いと思うんです。





というのも、普通のビールよりプレミアム感があるし、その土地独特の「らしさ」が出てて、贈り主の元気な姿を思い浮かべられるから。お歳暮をもらう方としては、珍しくて良いものを貰えると嬉しいし、なにより贈り主の住んでる地域や元気な姿を連想できるので嬉しいんですよね。なので、地域らしさがあって珍しいクラフトビール・地ビールを貰うのって喜ばれると思うんです。※もっと詳しく理由を知りたい方は「2018年 おすすめの「お歳暮」の選び方 」を見てね。





で、山口のクラフトビール・地ビールでおススメなのはこれ↓





【山口地ビール】

1997年に山口県山口市に設立されたブルワリーです。ブルワリーは鳴滝高原のふもとにあり、醸造に使用する仕込水は山口鳴滝の天然水を使っているとのこと。そのためか造るビールはどれもスッとしているのに芳醇で、過去には賞を獲っています。以前、現地で飲んだのですが確かにいずれも美味かったです⇒「【クラフトビール探訪・その86】山口:やまぐち鳴滝高原ブルワリー



【ちょんまげビール】

1997年に山口県萩市に創業したブルワリーです。吉田松陰や高杉晋作などを輩出した歴史の街・萩にちなんでチョンマゲビールという名にしたそうです。老舗ブルワリーです。



山口には過去に数軒のブルワリーがあったのですが、現在は上記しかありません。希少性のあるビールなので県外の親戚や知り合いへの贈答品として喜ばれると思います。














このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ